今週は週末にイベントを控え、高値圏のもみあいへ

<週前半一服するも、25日(金)には16374円の年初来高値更新へ>
 先週の予測では、「目先は目標達成感から一服し、その後は上値を目指す」としました。そしてもう少し先のことですが、上値を目指せば10月以降は要注意として、水曜日のコメントでは、3つのパターンを示しました。

 先週いっぱいは、為替もドル買い・円売りが一服し、日経平均ももう少し調整する場面があるとみていましたが、円相場は1ドル=108円台後半の円安で留まり、結果的に今後本格化する決算発表を前に輸出関連企業の上振れ期待から押し目買いが強く、場中は下げても終値では下げ幅を縮小する展開となりました。
 週前半は、23日(火)の休日を挟んでいることもあって利益確定売り優勢となり、又週明けのNYダウが2日連続の大幅安となったことで、24日(水)は16094円まで下げる場面もありました。しかし、25日(木)はアメリカ株高と再び為替が109円台の円安の動きとなってきたことや、翌日の9月の権利付最終売買日を控えて配当や株主優待を狙った買いが入り、△206の16374円と19日につけた年初来高値(16321円)を更新し、2007年11月5日以来約6年10ヶ月ぶりの高値水準となりました。
 週末の26日(金)は、前日のNYダウが地政学的リスクやアップルの急落から▼264の16945ドルという2ヶ月ぶりの大幅下落となったことで▼286の16087円で寄り付きましたが、この寄り付きを安値に円安を下支えに下げ渋り、▼144の16229円で引けました。9月の配当落ち分を考慮すると50円程度の下げですので、先高期待から押し目買いの強いことをうかがわせました。
 この日の引け後のアメリカ市場は、第2四半期GDPの確定値が前年同期比△4.2%へ上方修正(約2年ぶりの大きな伸び)されたことで早期利上げ観測が高まり、ドル買い優勢となって109.54円まであって109.28円で引け、NYダウは△167の17113ドルとなりました。シカゴ日経先物は△95の16365円でした。

<今週は、週末のECB理事会や米9月雇用統計を控え、高値圏のもみあいへ>
 今週は、109円台前半の円安基調を背景に底堅い動きとなって年初来高値を更新する場面も想定されますが、週末にかけて為替に影響を与えるECB理事会やドラギ総裁の会見やアメリカの9月雇用統計を控えているため、週半ばからは様子見から手控えムードとなる可能性があります。
 下落要因としては、欧米のイスラム国への空爆やウクライナ情勢での欧米とロシアの対立などの地政学的リスクがありますが、日本市場においては円安による輸出企業の業績上振れ期待から押し目買い強く、下値は限定的といえます。10月1日の日銀短観は2四半連続で悪化の見込みですが、そうなると現状ではマイナス面がクローズアップされるよりも「消費税10%の引き上げ判断」になるため、市場では追加の金融緩和につながりやすく、円安の流れを後押しすることになります。今週は相場全体が買われるというより、臨時国会もスタートすることでアベノミクス関連銘柄や業績上振れ期待銘柄など個別銘柄中心の相場となる可能性があります。
 本日29日(月)は、先週末のアメリカ株高に加え、対ドルで6年ぶりの円安水準を更新したことで△109の16339円と高寄りするものの、利益確定売りが出て上げ幅を縮小する動きとなりました。一時16262円まで下げる場面もありましたが、円が109円台半ばを超える円安加速を材料に持ち直し、△80の16310円で引けました。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は週末にイベントを控え、高値圏のもみあいへ