今週は目先目標達成感から一服し、その後は上値目指す可能性

今週は目先目標達成感から一服し、その後は上値目指す可能性
・・・10月は久しぶりの買いチャンス到来となるシナリオも・・・

<先週は円安加速止まらず、輸出関連の主力株買われ昨年来高値更新>
 先週の予測では、「FOMCの結果次第では円安・株高継続だが」としました。リーマンショック直後の2008年9月25日以来約6年ぶりの1ドル=107円台回復となったにもかかわらず、16000円水準がやっとの上昇となっており(昨年12月30日の16320円をつけたときは1ドル=105.4円水準)、外国人の買いというより国内の年金資金や日銀のETF買いに支えられている面が強く、このまま昨年末の高値16320円を試すには外国人を含む出来高が必要となるところとしました。そのため、17日(水)のコメントでも、為替は107円水準でいったん止まることを想定し「基本は16000円水準まで上昇していったんの調整を待つシナリオ」を考えました。

しかし、17日(水)の注目のFOMCの声明で「資産買い入れ額を同額106億ドル縮小し、10月までで終了」とし、一方で「終了後も”相当な期間”事実上ゼロ金利を維持する方針を改めて表明」したことで早期利上げ観測が和らぎ、NYダウは7月16日以来約2ヶ月ぶりの過去最高値を更新しました。これまで通りなら、早期利上げ観測が和らいだことでドル買いは一服するところでしたが、今回はFOMCの声明を受けて利上げ時期の表現の変更はなかったものの、市場が注目したのは利上げへの道筋を示した「出口戦略」の原則でした。同時に政策金利の見通しを上方修正し、ルー財務長官のドル高容認の発言もあったことで利上げ時期は近づいていると受け止められ、アメリカの長期金利は上昇しドル買いが活発化し、一方で黒田日銀総裁は金融の緩和を示唆していることで、日米金利差拡大期待から円安ドル高は予想を超える速さで進みました。

18日(木)は、1ドル=108円台後半まで買われたことで機械、自動車、精密などの輸出関連株中心に買われて日経平均を押し上げ△178の16067円となり、週末19日(金)は、前日のアメリカ市場でNYダウ・S&Pが揃って史上最高値を更新し、為替は東京市場で1ドル=109円台にのせてきたことで輸出関連の大型株中心に買われ、日経平均は△253の16321円と昨年末の16320円を更新して引け、6年10ヶ月ぶりの高値水準となりました。

<今週は一服しても、上値を目指す動き。そうなれば要注意>
 先週末の19日(金)は、NYダウの連日の史上最高値更新や1ドル=109円台の急激な円安を追い風に、日経平均は先物主導で売り方の買い戻しも巻き込んで△253の16321円と昨年来高値更新となりました。直近の上昇が急ピッチだったため、テクニカル面で相場の過熱感を示す指標が増えており、一服してもおかしくないところです。又、円安進行も当面の節目である2008年8月15日の110.29円に接近する109.49円まできており、円安も一服しておかしくないところです。但し、先週の17日(水)にFOMCで政策金利見通しの上方修正や米政府(ルー財務長官)のドル高容認発言があったことで日米の金利差拡大期待は続き、中期的な円安の流れは変わらないといえます。

 ここまでの円安と、それに連動する日経平均の昨年来高値更新となると強気が出てくるところですので、総強気になって日経平均が一段高となって買われ過ぎとなれば、そこがピークというのが経験則となります。私は、4月10日の13885円をスタートとする中期波動からみて、8月27日(水)のメッセージで9月に大きく上昇すれば要注意とし、9月1日(月)の予測では、「9月に上昇すれば当面の天井をとる動きとなり」「10月のどこかで安値をつけて再上昇」というシナリオをコメントしています。
 結果的には、想定と違う予想外の急激な円安という形で日経平均が上昇して昨年来高値更新となっていますが、このまま上昇が続けば10月のどこかで大幅下落となって買いチャンス到来ということも考えられるところです。今のところ、足元の経済指標の下方修正(9月の月例経済報告で景気判断を5ヶ月ぶりに下方修正)に目をつぶっていますが、いずれ注目されることになります。
 為替が109円台という水準まで円安が進行せず、市場ボリュームも増加しなければ、昨年12月30日の16320円の高値を更新したところで目標達成となってダブル天井の形を作って調整入りということも考えられるところですが、足元は需給関係が改善していることで、一服した後は地政学的リスクの悪化など特別の悪材料が出ない限り上値を目指すことが想定されます。

 市場の大方の予想では、今週も先週からの勢いが続いて上値を目指すという見方が多かったようですが、結果的に本日は、先週末に昨年来高値を更新したことで目標達成感が生まれ、為替も108円台後半へと円安一服していることで利益確定売り優勢となって▼115の16205円となりました。ここで目先一服となっても押し目が浅ければ(15900円が下値ポイント)、一段高となって上値を目指す可能性が高いといえます。当面の日経平均の上値の目処は再び日経平均が「円安・株高」の動きとなっていることを考えると、ドル・円の上値目処が1ドル=110円(年初の相場見通しでも110円の円安水準が一番多かった)であり、この110円で換算すると17000円水準となります。柴田罫線のチャートで引線すると16500~16700円が上値抵抗ゾーンとなります。このような17000円水準を試す動きは、いったん上値を目指したあと17000円まで届かず下落となって、年末に再度17000円を目指す動きとなる場合も考えられます。ここからは保有株の利益確定売りのチャンスを待って換金化し、大きな調整を待つスタンスをとることになります。

出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は目先目標達成感から一服し、その後は上値目指す可能性