ミャンマー 人口修正で最貧国を卒業できるか‐国勢調査の結果(暫定)による分析‐

31年ぶりに実施されたミャンマーの新しい国勢調査の結果が話題になっている。特に、従来の推計人口より1000万人も人口が少ない点に注目が集まっている。
この人口修正はミャンマー経済にどのような影響を与えるか。一人当たりGDPは幾らになるであろうか。今回の国勢調査の結果を受けて、日系企業のミャンマー進出計画に見直しの動きが出るであろうか。

1、一人当たりGDPの推計(試算)

 筆者は先に、小論「ミャンマー国勢調査の結果(暫定)」を当WEBに発表した(2014年9月11日掲載)https://money.minkabu.jp/46686。 国勢調査によると、ミャンマーの人口は5142万人であり、従来の推計人口より約1000万人少ない。

 新しい国勢調査の結果は日系企業のミャンマー進出に影響が出るのではないかと言う議論がある。推計人口が1000万人も減少すれば、ミャンマーの市場規模の見方に変化が出るからだ。GDPの規模、あるいは一人当たりGDPの大きさについても変化が出よう。そこで、本稿では人口の大幅修正により、一人当たりGDPがどう変化するかを試算した。

 人口の修正に伴うGDPの変化は個人消費支出の項目だけであり、他の支出項目に変化は出ない。個人消費支出は家計調査(生計費調査)に基づいており、それに人口を乗じて推計されるからである。その他の支出項目は、例えば公共事業、企業設備投資、海外経常余剰などは人口に関係しない。そこで、個人消費だけに着目して、1000万人の人口減に対応した新GDPを大雑把に試算してみた。推計方法の詳細は表1の(注2)に述べた。

表1 ミャンマーの一人当たりGDPの推計(試算)
hyo1
(注1)2013年値はIMF, World Economic Outlook Database, April 2014による。
(注2)筆者による試算は下記の手続き(前提と方法)で行った。
 a)国内総生産(支出法)を個人消費支出とその他支出に分離した(個人消費の割合77%と前提した/2010年度実績)⇒2013年個人消費43,434百万㌦。
 b)ミャンマー政府発表人口で一人当たり個人消費を算出し、それに国勢調査人口を乗じて新しい個人消費支出を推計した。⇒36,256百万㌦。なお、政府発表人口はCentral Statistical Organizationによる2012年61.0百万人の1%増とした。
 c)個人消費以外の支出項目は人口変動に関係ないので、上記a)の数値をそのまま利用した。
 d)上記b)とc)を合計して新GDPを算出し、それを国勢調査人口で除して新しい一人当たりGDPを推計した。
 e)支出法国民所得はCentral Statistical Organization,〝Statistical Yearbook 2010″2012年刊による。

 国勢調査に基づく新人口5142万人に対応したGDPは492億㌦と推計される(2013年)。従来の564億㌦に比べ72億㌦の減少である(従来比13%減)。従来考えられていたよりミャンマーの経済規模は小さいのである。しかし、一人当たりGDPは957㌦となり、従来推計の869㌦より大きくなる。(注)

 (注)人口が減ったことにより、一人当たりGDPはその分大きくなり1097㌦になると考えるのは間違いである(564億㌦÷5142万人=1097㌦)。GDPの推計方法に想いを馳せるべきである。人口の修正があれば、個人消費支出の推計が変わり、GDP値も変わるのである。その結果、一人当たりGDPの上方修正率は人口修正率よりも小さくなる。

 もちろん、以上は人口修正に伴う変化だけに着目したのであって、他の要素は考慮していない。また、個人消費支出の推計に当たり、手元にある統計資料の都合上2010年度の支出法国民所得を使ったわけであるが(個人消費の割合77%)、最新時の統計では少し修正されるかもしれない。

 さらにまた、これは一研究者の個人的興味からの試算であり、ミャンマー政府が従来発表してきたGDPを修正するかどうかはわからない。本来なら、政府自ら6100万人(中央統計局)としてきた人口が5100万人に下方修正された以上、GDP経済規模は修正されてしかるべきであるが。〈もし過去のGDPが修正されない場合、今後発表されるGDPはこれまでのGDPとは連続性のないものになろう〉

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ミャンマー 人口修正で最貧国を卒業できるか‐国勢調査の結果(暫定)による分析‐