相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1893)五洋建設

 四季報2014年秋号によると、単体受注は4000億円(前期比10%減)計画だが、国内土木など出足好調。手持ち工事高水準、完工は後半に比重。工事採算改善進むが、労務費・資材高懸念残る。償却増もあり営業微減益。
現在は、2012年6月4日の163円の安値からの上昇トレンド(A)の中にあります。この上昇トレンド(A)の中で、2012年11月13日の172円を安値にアベノミクス相場がスタートし、11月15日に194円で買転換出現となって今年の1月7日の418円まで上昇しました。ここから調整入りとなって短期の下降トレンド(B)を形成し、5月21日の267円まで下げて反発に転じました。9月9日には443円と、1月17日の高値418円をザラ場で更新するものの、長い上ヒゲとなって9月16日に368円で短期の売転換出現となっています。5月21日の267円から9月9日の443円までの上昇幅の1/2押し、もしくは2/3押しを待ってのリバウンド狙いとなります。

1893五洋建設

(6205)大阪機工

 四季報2014年秋号によると、主力の工作機械は国内向けが出足鈍いが、下期にかけ自動車中心に新製品投入が寄与。北中南米は自動車用が膨らむ。韓国でIT関連が堅調。中国向けも改善。水道メーターは安定的。海外調達増、生産性向上が効き営業益反発。為替差益減る。
100円を挟んだ安値圏での大きな三角保ち合い(A)の中で徐々に煮詰まり、2012年10月2日の84円を安値に11月中旬のアベノミクス相場のスタートにサポートされ、急騰となって2013年4月14日の216円と半年で2.5倍化となりました。ここをピークに買われ過ぎからの調整入りとなって下降トレンド(B)に移行し、下方修正もあって9月2日の129円の安値をつけて9月24日の190円まで反発するも再下落となり、今年の2月4日の124円まで下落しました。今期業績見通しは増収・増益となり、5月7日の126円を2点底にして6月11日に148円で買転換となって9月1日の173円まで上昇しました。PBRは0.7倍で純資産は249円で、現水準は割安となります。

6205大阪機工

(4005)住友化学

 四季報2014年秋号によると、好採算の抗精神薬『ラツーダ』が米国で効能追加され出荷が期初想定大幅超。石油化学と農薬の下期想定未達懸念を相殺。サウジ稼働率改善し、営業外の持分益膨らむ。減損、事業改善特損前期並み。
2012年10月11日の186円で底打ちとなり、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて2012年5月22日の418円まで上昇、6月17日の281円まで押し目を入れて再上昇となり、今年の1月23日には458円まで上昇しました。ここをピークに調整入りとなって下降トレンド(C)を形成し、この中で3月25日の360円をつけたあと、横もみとなってボックス相場(D)へ移行しています。このボックス相場の中で、3月25日の360円、5月26日の357円、8月8日の361円と3点底となっており、7月31日の401円を終値で上回ると上放れの形となります。下降トレンド(C)を抜けつつあるため、押し目買い有利といえます。

4005住友化学

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!