ミャンマー国勢調査の結果(暫定)

 新しい国勢調査の結果によると、ミャンマーの人口は5142万人である。従来の推計人口より約1000万人も少ない。31年ぶりの国勢調査であり(前回調査は1983年)、この間の条件変化のため、人口推計で大きな誤差が生じていたのである。
 新しい人口データは、政府の経済政策の策定や貧困脱出のための開発計画に利用されるだけではなく、企業の立地や市場調査等にも大いに活用されるであろう。企業のマーケティング戦略も従来とは違った結論が出てくるのではないだろうか。

1、どっちが正しいか(UN、IMF、ADB、国勢調査の比較)

従来、ミャンマーの推計人口については疑義が生じていた。2013年の人口は、
 IMF 6,493万人(IMF, WEO, April 2014)
 ADB 6,165万人(ADB, Key Indicator 2014)
 国連 5,326万人(WPP, 2012 Rev.;medium fertilityケース)
今回の調査結果(暫定)5,142万人(2014年8月30日、移民・人口省発表)

 ミャンマー政府やIMF等の推計より1,000万人少ない。国連推計より少ない。キン・イー移民・人口問題相によると、「出生率の低下」がその原因ではないかという。
 確かに、ミャンマーの出生率は低い。表1は、国連人口部資料を基に筆者が整理した各国の合計特殊出生率データである。2010~15年の出生率は、米国1.97、フランス1.98である。これに対し、ミャンマーは1.95である。低所得の発展途上国は概して出生率が高いのであるが、ミャンマーはASEAN最貧国であるにもかかわらず、先進国・米仏並みに低い。(注、東南アジア諸国は近年、急速に出生率が低下している)。

表1 各国の人口と合計特殊出生率
hyo1

 この出生率の低下については、筆者は当WEBで前々から指摘してきた。その理由も推論した。拙稿「ミャンマー 人口ボーナス再論(その2)」Webみんかぶ2012年12月21日参照https://money.minkabu.jp/37026。また、拙稿「ミャンマーの人的資源の展望」日本経済大学大学院紀要Vol.2 ,No.2(2014年3月)pp59~73参照。

2、ミャンマー国勢調査の結果(暫定)

 31年ぶりに行われた国勢調査は、2014年3月30日から4月10日まで実施された。調査は中学校教員を中心に10万人動員して全土で家庭訪問して行った。その結果(暫定)が8月30日発表された。
 以下はDepartment of Population, Ministry of Immigration and population, August2014発表による、2014年ミャンマー国勢調査の結果(暫定)の要約「The Population and Housing Census of Myanmar 2014, Summary of the Provisional results」を基にしている。

(1)センサス調査による人口

 総人口‐51,419千人
  男‐24,821千人(48.2%)
  女‐26,598千人(51.8%)
 世帯数‐10,889千世帯

 この総人口5142万人は、センサス調査で得られた5021万人に、ラカイン州、カチン州、カレン州の一部の未調査地帯の人口121万人(推計)を加えたものである。また、センサス期間中、海外に居住していた者は含まれない(一説によると約400万人)。
 カチン州およびカレン州では、少数民族武装勢力が一部地域で調査を認めなかった。ラカイン州のロヒンギャ族(イスラム系)は国勢調査をボイコットしたため調査不能であった。これらの一部の未調査地域については中央国勢調査委員会による推計人口で補足されている。

(2)地域別の人口

 地域別に見ると(表2参照)、人口の最も多いのはヤンゴンである(736万人)。次いでエーヤワディ(618万人)、マンダレー(615万人)である。人口の少ない地域はチン州(48万人)、カヤー州(29万人)である。
 ラカイン州の人口319万人には未調査地帯の人口109万人(推計)が含まれている。カチン州の人口も47万人、カレン州も70万人の未調査地帯の推計人口が含まれている。

表2 ミャンマーの地域別人口
hyo2

 人口の一極集中は、日本ほどではない。最大都市ヤンゴンの人口割合は14.3%、エーヤワディ12.0%、マンダレー12.0%である。上位3地域の累積集中度で38%である。このほか、シャン州582万人、ザガイン管区532万人、パゴー管区486万人と続く。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ミャンマー国勢調査の結果(暫定)