2014年9月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2014年9月1日時点での主要市場見通し

★表

基本シナリオと見通し数値について

米国を中心とした世界景気の持ち直し傾向に大きな変化は生じておらず、基調として内外株価・長期金利の上昇と、外貨高・円安を、引き続き予想する。
ただし、欧州景気の低迷によるECBの追加緩和思惑などにより、欧州長期金利が低下し、これが日米の長期金利抑制要因の一つとなっている。また国内においては、消費増税後の景気の持ち直しに、もたつきが目立ち始めている。

2014年12月までの予想レンジについては、国内長期金利に関しては想定を超える低金利の長期化が生じ、当方の予想が外れ続けている。繰り返しの修正になるが、見通しを下方修正する。国内株価、米ドル、豪ドルは、足元の堅調推移(上値も重いが)により、下値リスクが若干低下したと考え、予想レンジ下限を引き上げるが、変更は小幅にとどめる。

2015年6月までのレンジについては、変更は全くない。

2014年12月までの予想レンジを、前号(8月号)から次のように修正した(下線太字部は変更箇所)。
日経平均株価(円) 14900~19000 ⇒ 15000~19000
10年国債利回り(%) 0.52~1.5 ⇒ 0.471.3
米ドル(対円) 97~110 ⇒ 100~110
ユーロ(対円) 130~145 ⇒ 変更なし
豪ドル(対円) 90~115 ⇒ 92~115

シナリオの背景

・米国を中心とした、世界経済の持ち直しシナリオは、修正する必要はないだろう。実際、米国の主要経済指標は緩やかな景気回復(右肩上がり基調)を示している(図表1)。

(図表1)
zuhyo1

・こうした米国経済の足腰の確かさが、米国株高・米ドル高の要因となっている。加えて相対比較でユーロ圏の景気低迷が目立ってきている。これまで自国の経済の実力に比べ、安すぎるユーロ、低すぎる金利を享受してきたドイツ経済でさえ、企業の景況感に陰りが生じている(図表2)。ECB(欧州中央銀行)が、年内に量的緩和など追加緩和に踏み切る可能性も高まっている。このため、欧州株・欧州債・ユーロから米国株・米国債・米ドルへの資金シフトが生じていると推察され、「米国一人勝ち状態」とも言える状況だ。

(図表2)
zuhyo2

・米国に傷があるとすれば、政治情勢だ。オバマ大統領の支持率は低迷しており(図表3)、11月4日の中間選挙では、上下院ともに野党共和党が制する可能性が高いと見込まれている。しかしそうした結果となったとしても、現在の上下院間でのねじれが、議会と大統領のねじれになるだけだ、という考え方ができる。また、民間の企業や家計の間には、幸か不幸かもともと政策期待はなく、米国の政治情勢が、米国経済や市場の悪材料にはなりそうもない。

(図表3)
zuhyo3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2014年9月1日時点での主要市場見通し