今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え

<先週は、薄商いの中をアメリカ株高と円安を受けて9連騰へ>
 先週の予測では、前週末の15日(金)に終値15318円と25日移動平均線を上回ってきたことで、チャート上は本格的な戻りに入るということになるが、それには出来高・売買代金の市場ボリュームを伴わなければ難しいとしました。又、アメリカの金融政策の方向については、22日のイエレンFRB議長の講演待ちのため、注目としました。

結果的には、前週の戻り相場の流れが続き、ウクライナやイラクの地政学的リスクもひとまず和らいでいた中で、アメリカ株式が好調な経済指標を受けて上昇が続いたことで日経平均もつれ高しました。特に、FOMC議事録の内容やイエレン議長の講演から早期の利上げ観測が台頭し、ドルが買われて円が売られ「円売り・日本株買い」の動きがみられました。そのため、8月21日(木)の△131の15586円まで9連騰という、昨年のアベノミクス相場での12月17日から12月30日までの9連騰と並びました。9連騰はバブル崩壊後、1回目の2009年7月14日からの9連騰を入れると3回目となります。
22日(金)は、前日のNYダウの1ヶ月ぶりの17000ドル台回復を受けてバブル期以来の10連騰の記録に挑戦する動きとなり、前場は△12の15598円となっていましたが、後場になると週末の手仕舞い売りに押されプラスを維持できず、▼47の15539円と10日ぶりの反落となりました。

<なぜ、市場ボリュームがない中、上昇できたのか>
 先週のコメントでは、15000~15500円を上に抜けて上昇していくには、低水準の市場ボリュームを考えると難しいとしました。昨年の9連騰と比較すると市場ボリュームは大きく減少しており、1日の値幅は100円を割り込み、個人投資家が値幅をとっていける状況ではありません。そのため、短期売買の投資家が日本市場から遠ざかっています。ほとんどの方は9連騰もしているのに、なぜ儲からないのだろうかと思われているでしょうが、日経平均の指数だけの動きになっているからです。

 つまり、海外の株高を受けて高寄りし、寄り付いた後は横ばいとなって日中値幅はあまり動かないため、利益がほとんどとれない状況となっています。この原因は、外国人投資家の買いよりも日銀のETF買付や年金が買いの主体になっているからとみられています。現在のような市場ボリュームが低水準の中でETF買付により「下支え」をしており、一種のPKO(価格維持操作)といってもいいかもしれません。

<今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え>
 今週は、先週の15000~15500円のボックスを上に抜け、今年の戻り高値7月31日の15759円が射程圏に入ったことで、目先は下げても押し目買いとなって15700円を試す動きが想定されます。但し、上昇しても上述したように寄り付きで海外株高にサヤ寄せする形でギャップアップする相場が続くことになり、個人投資家にとって簡単な相場とはいえません。地政学的リスクも和らいだままであれば15000~15700円のもみあいが想定されます。

 本日の25日(月)は、NYダウは反落したものの為替が1ドル=104円台の円安進行となっていることで△70の15609円で寄り付き、15553円まで押し目を入れた後は15600円を挟んだ動きとなり、△74の15613円で引けました。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も薄商いの中、ETFの買付や年金資金の買いが下支え