今週は、市場ボリューム低調の中で上値重く、個別物色相場へ

<先週は、お盆休みの薄商いの中、NYダウにサポートされて5日続伸>
 先週の予測では、11日(月)が8日(金)のNYダウの大幅反発を受けて急反発となり、△352の15130円で引けました。出来高・売買代金は低水準のままであり、ウクライナ情勢などの地政学的リスクは根強く、NYダウ共に自律反発の域を出てないので注意が必要とし、15000円水準を守れるかどうかとしました。

結果的に、アメリカ市場で7月の小売売上高が市場予想を下回り、FRBが利上げを急がないとの見方が浮上し金利が低下したことで、株式相場が買い優勢となって13日(水)は△91の16651ドル、14日(木)はプーチン大統領がウクライナ情勢について停戦に全力を尽くすと表明したことで、△61の16713ドルと16700ドル台を回復しました。このようなNYダウの動きを受け、日経平均は薄商いの中を上値は重いもののじり高となり、5日続伸となって15日(金)は△3の15318円となりました。上昇の要因としては、地政学的リスクへの懸念が和らいでNYダウが反発し、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)改革への思惑が下支えし、上期業績予想の上方修正や、個別ではミクシィの上昇による投資家心理の改善があります。

<今週は、市場ボリューム低調の中、上値は重い展開>
 先週末の15日(金)のアメリカ市場では、前日までは和らいでいたウクライナ情勢が、ウクライナ軍がロシアの武装車両を攻撃したと報じられたことで一転して緊迫化した状況になり、NYダウは▼50の16662ドルで引けました。為替は一時102.72円までドルが買われていましたが、102円台前半までドルが売られました。

 先週はお盆休みで売買は低調の中、アメリカ株式の反発と為替がやや円安方向にあったことでじり高となり、5日続伸で1週間で539円上昇しましたが、前週の下げの744円に対して70%の戻りにとどまっています。テクニカル的には、週足では一時的に切った26週移動平均線(15日14927円)、13週移動平均線(15日15123円)を回復し、日足では200日移動平均線(15日14927円)、75日移動平均線(15日14998円)を回復し、先週末の15日(金)の終値15318円は25日移動平均線を上回る直前まで上昇してきています。チャート上は、25日移動平均線を明確に上に抜けると本格的な戻りに入るということになりますが、それには売買高を伴う必要がありますので、現状の市場ボリュームでは本格的な戻りは難しいといえます。

 市場ボリュームが伴わなければ、今週は戻り待ちの売りで上値の重い相場展開が想定されることになります。プラス面の相場環境をみると、欧米の景気減速懸念から再び金融緩和の動きが出て、株価には好影響を与えます。アメリカでは、先週小売売上高の予想を下回る結果から早期利上げ観測が後退し、ユーロ圏18カ国では4~6月期GDPが実質ゼロ成長(特にドイツはマイナス成長)となり、追加の緩和の思惑が出ています。これらに関しては、22日のジャクソンホールでのドラギECB総裁とイエレンFRB議長の講演があるので、これに注目となります。一方でマイナス面では、ウクライナやイラク情勢の地政学的リスクの懸念があり、現状のような市場ボリュームが少ない中では、きっかけ次第で先物主導で値動きが荒くなる可能性もあります。

 国内的には、9月の内閣改造を控えアベノミクスの政策期待が高まりやすいので、全体相場の動きというより、政策テーマにのった相場展開が期待できるかもしれません。

 本日18日(月)は手掛かり材料に欠け、5日続伸ということもあって上値重く、先週末の終値をはさんだもみあいとなり△4の15322円の6日続伸となりました。地政学的リスクへの懸念から大型株は弱く、小型株中心の値上がりでした。市場ボリュームは低水準のままです。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、市場ボリューム低調の中で上値重く、個別物色相場へ