クラウウドファンディングとは?

今回は、最近気になる「クラウウドファンディング」について
日本クラウド証券株式会社の大前和徳社長にご説明して頂きました!

5分でわかる「クラウドファンディングとは?」をお楽しみください。


 

今日は皆さんにクラウドファンディングとは?というテーマで
今話題のキーワード、クラウドファンディングについてご紹介したいと思います。

まず、クラウドファンディングとは何なのか?
大上段の話になりますが、クラウドファンディングとは資金需要者の資金ニーズと
小口資金拠出者である多数の一般人のマッチングのための
プラットフォームをウェブベースで提供するサービス。
インターネットを使って、要するにお金を必要とする人と出してよい人を
マッチングするサービス。
これがクラウドファンディングということになります。

というのが全体的なクラウドファングのテーマになりますけれども、
これを私たちは全部5類型に分けました。
 

一つ目が寄付型

これはノーベル賞をとられた京都大学の山中先生が募集したプロジェクトです。
これは1855人から2083万を集めました。これは研究助成金、彼の研究を応援したいと
いう方々のための資金ということで、あくまでも研究のためにみなさん寄付をしたもの。
 

次に購入型

キックスターターというウェブサイトで行われたプロジェクトですが
ペブル ウォッチという wifiやブBluetooth へ繋がってインターネットへ
接続できるスマートウオッチ、これの制作資金でプロジェクトの応募をしたところ、
なんと、ドル建てで1000万億円を超える資金が集まった。
≒68,928人、これだけ多くの人がこの時計を欲しいとということで
みなさんこれにお金を出してこの商品が出来上がることにつながった。
大変大成功したプロジェクトです。
 

次は貸付型、又は融資型。これはお金を融資するということ。

実際お金を借りたい人はたくさんいますが、
それをクラウドファンディングでお金集めて融資する、そういったモデル。
イギリスのファンディングサークルというサイトで行われたプロジェクトですが
クリエイブカンパニーのワーキングキャピタル、要するにデザイン会社が
運転資金を集めたいということで、7万ドルの資金を募集してほぼ全員調達に成功した。
これはレートが9.3%と書いてありますから
投資家の皆さんはこの元本と利息がある意味リターンとし返ってくる。
 

ファンド型、又は成功報酬型。

大きな一つの事例。
被災地の陸前高田の八木澤商店という醤油の醸造所が、
資金調達の募集をしたところ、8120万円集まった。
これは半分は寄付で半分は投資するかたちになっている。
そして、ある一定の売上を超えたときに始めて売上の?%が
投資家へ投資リータンとしてかえってくる、
そういった仕組みのもの。
売上がいかなければかえってこない、
半分寄付で半分投資
こういったものをファンド型として行われているもの。
 

最後はエクイティ型、株式型。

この事例はイギリスのクラウドキューブというサイトで行われた
株式型クラウドファンディングのプロジェクト。
これはエスケープザシティというウェブサービスの名前であり、
会社名ですが、ここは新しく作ったばかりのスタートアップベンチャーへの
出資ということでスポンサー394人、≒日本円で1億円弱の金額をこちらで集めた。
大成功のクラウドファンディングの事例としてイギリスで有名となった事例。
 
 

以上、今日はクラウドファンディングとは何なのか?
また、五つの類型についてご説明しました。
 

<Crowd Bank ― 新しい投資のカタチ ― >
https://www.crowdbank.jp/index.html

クラウド

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 

クラウドファンディング・ナイトに参加してきました!

【著者】  川島 寛貴
みんなのクラウドファンディング|2014/04/09 今話題のクラウドファンディングの主要プレーヤーが揃う!ということで「クラウドファンディング・ナイト」に伺って参りました!! ロゴもなんだかカッコイイです。 そもそもクラウドファンディングとは、みんなからお金を集めていろいろな商品を作ったり、寄付したり、投資したりと用途が様々あります。 これからの内容別に今回はご説明頂きました。 クラウドファンディングの種類 大きく分けて、3つです。 ・購入型 → 1000円投資するとカバンがもらえる など ・寄付型 → 1000円寄付するとワクチン一つが寄付される。 ・投資型 → 1000円投資すると、年利5%で50円利息として運用される。 こんなイメージですね。 最初の登壇者 株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング  代表取締役社長 中山様 購入型クラウドファンディングサイト「Makuake」を展開 https://www.makuake.com/ サイバーエージェントグループの強みを生かし、多くのユーザに対して本サービスを浸透させていきたいとのことでした。 最新事例として「草野球バッグのイノベーション!機能性とデザイン性を追求したバッグパックをつくろう」というプロジェクトで150万円募集のところ、現時点で既に445万円を集め達成しております。 購入型はその商品が届く、更に一緒に作り上げていくということが参加者にとっても非常に楽しいポイントのようです。 モール型クラウドファンディング GreenFunding 株式会社ワンモア 沼田 健彦氏 https://greenfunding.jp/ モール型のクラウドファンディングを提供されています。 モール型とは、クラウドファンディングの仕組みをクライアントに提供する形です。 ECでいう楽天市場みたいなイメージですね。 例えばこの会社が提供しているところの一つに「東京カレンダー」があります。 https://greenfunding.jp/tokyo-calendar クラウドファンディングは今やシステム開発を必要としない、簡単に企画さえあればスタート出来る時代になってまいりました。 他にもJリーグのチームが利用したり、bayFM78が展開したりと事例も多く紹介されました。 寄付型 ジャストギビング・ジャパン  事務局長 梶川 拓也氏 http://justgiving.jp/ 最もイメージしやすいのがこの寄付型ですね。 東日本大震災復興支援には継続して寄付が行われ続けております。 累計の寄付金額は11億を超え、件数は10万件以上 イギリス本社においては、累計1500億円の寄付実績 日本でもこの取り組みが広がっていくと嬉しいですね。 投資型(融資型)クラウドファンディング 日本クラウド証券 執行役員 藤田 雄一郎氏 https://crowdbank.jp/ 投資型といえば、日本クラウド証券の「クラウドバンク」ですね。 仕組みとしてはこのような形で、個人投資家からの小口資金を融資することにより年利5%程度の利回りを分配するというモデルです。 投資対象先にはマイクロファイナンスなどを活用して、カンボジアなど発展途上国への融資を実施。返済リスクなども連帯意識により非常に低く抑えられているそうです。 更に借り手の教育まで行い、返済計画や仕事の効率化まで面倒をみるそうです。 実際に私もこのカンボジアへのマイクロファイナンスについては投資していることもありその辺りの詳細はこちらをご覧ください → 「これから大注目のクラウドファンディングとは!?」 http://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/attention-crowdfondding/ 株式型 クラウドファンディング 日本クラウド証券 代表取締役社長 大前 和徳氏 「クラウド エクイティ」 http://equity.crowdbank.jp/ 株式型のクラウドファンディング 上場前の企業への株式投資を「グリーンシート」の制度を活用して実現しているとのことでした。 つまり、これから成長する企業への先行投資をしたい方にとって株式上場の手前の段階にあるこの企業達との出会いというのは貴重なのかもしれません。 クラウドファンディングに関わる皆さんでパネルディスカッション 非常に面白かったのは、「購入型」の中に「寄付型」を入れないという点。 色々な案件を並べてしまうと色が出なくなってしまうため、特に「寄付型」は違ったモチベーションで行われることもあり、難しいというところで盛り上がりました。 米国で成功しているキックスターター(https://www.kickstarter.com)には決して寄付型の案件は掲載されないそうです。 これから日本のクラウドファンディング界の更なる成長が楽しみですね! 継続してみんかぶも追って参りたいと思います!(川島) <Crowd Bank ― 新しい投資のカタチ ― > https://www.crowdbank.jp/index.html

話題のクラウドファンディングのセミナーに参加してきました!

【著者】  みんかぶマガジン編集部
先日、クラウド証券主催の今話題のクラウドファンディングのセミナーに参加してきました。 写真は、日本クラウド証券株式会社 代表取締役社長である大前 和徳氏です。 「クラウドファンディング」とは、群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)の造語です。 資金を必要としている企業や団体に、その考えや事業に賛同した不特定多数の人が、インターネットを利用し資金を提供するという仕組みになります。 海外で産まれたこの仕組みは徐々に広がりをみせており、市場規模は5000億円以上といわれています。 その規模は、アメリカが2,600億円、イギリスが1,700億円ほどです。 日本はというと、まだ82億円に留まっていますので、まだまだ成長余地があるこれからのマーケットといえそうです。 理由の1つとして、日本には839兆円もの預金がありますので、アベノミクスの流れに乗り日本人の投資熱の高まりにより、低金利の預金よりも投資へと流れるものと考えられます。 クラウドファンディングのタイプは4種類あります。 ・寄付型(28%) リターンを求めない寄付のタイプ。 ・購入型(26%) 株主優待のような金銭以外のリターンがあるタイプ ・貸付型(41%) ベンチャー企業や創業まもない中小企業や団体へ投資するタイプ ・株式型( 3%) 未上場企業の株式を購入するタイプ 海外の事例 現在、規模の大きな海外の事例を見てみましょう。 クラウドキューブというクラウドファンディング商品を扱う会社の事例です。 ◆crowdcube この会社はイギリスにある創業2010年のクラウドファンディング販売会社です。 この会社は103社の資金調達を募集したところ、今までの資金調達額は1,985万ポンド(約33億7,000万円)に上るそうです。 詳しいデータは以下。 ・調達企業数 :103社 ・登録投資家数:61,711人 ・1社当たり平均調達額192万ポンド(約3,260万円) ・1社当たり平均投資家数:71人 ・平均持ち出し分:16% 資金調達を受けたほとんどは、ベンチャー企業または中小企業です。 資金調達を受けるためには、まずCrowdcubeが事業計画を審査します。 外部の専門家によるサポートを受けることもできるとのこと。 承認させれば、3分以内の動画によるプレゼンテーションを行い、投資家への資金調達を呼びかけることができます。 また、WEB上での個人投資家との質疑応答も行います。 現在のクラウドファンディングの課題としては、以下の3点があります。 ・企業の情報開示が限定的 ・株式取引のような換金の場がないこと ・上場企業でない為、株価が分かりづらいこと 投資家の投資動機は以下のとおりです。 ・他の投資にはない透明性と公開性があること ・企業家を応援できる ・自分の好きな商品を扱う会社に投資できる クラウドバンクでは 2013年12月5日に貸付型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」のサービスが開始されました。 これまでの実績は、最高額6,481万円が集まるという結果となったそうです。 セミナーは満員御礼!! 日経新聞の記事にもなっていて注目度アップ中です! 2月26日【金融庁、未上場株へのネット投資解禁へ 金商法改正案】 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC2500Q_V20C14A2EE8000/ 今後ますます盛り上がっていくであろう新しい投資「クラウドファンディング」に今後も注目です! クラウドファンディングについて詳しく見てみる↓

これから大注目のクラウドファンディングとは!?

【著者】  みんかぶマガジン編集部
IPS細胞もクラウドファンディングのお蔭 IPS細胞を開発したことでノーベル賞を受賞し、一躍有名になった山中伸弥教授。 実は、クラウドファンディングがなければIPS細胞がまだ開発されなかったかもしれないということはご存知でしょうか? 研究には膨大な費用が必要になりますが、山中教授は研究費の調達のために使用した手法こそ「クラウドファンディング」です。 具体的には、 「42.195kmのマラソを完走すること」 を条件に、募金によるiPS基金へ寄付を呼びかけたところ、金額は1000万円以上も集まったというのです。 「クラウドファンディング」とは、群衆(クラウド)と資金調達(ファンディング)の造語です。 資金を必要としている企業や団体に、その考えや事業に賛同した不特定多数の人が、インターネットを利用し資金を提供するという仕組みになります。 海外で産まれたこの仕組みは徐々に広がりをみせており、市場規模は5000億円以上といわれています。 世界の事例 では、ここで具体的なクラウドファンディングの事例を紹介しましょう。 日本では、ホリエモンこと堀江貴文さんも、著書刊行にあたっての全国講演ツアーのための資金を募集し、500万円以上を集めていたそうです。 最近Google glassで話題になっているウェアラブル端末ですが、「腕時計型Ipad Nano」の開発費用として、クラウドファンディングが使用されました。 集まった費用は日本円にして何と9,400万円(1ドル100円計算) この費用は13,500人が出資しており、一人平均7,000円ほどとそこそこの大きな金額が動いています。 ポイントは多くの人が製品が完成したら「欲しい」と思ったことではないでしょうか。 「夢」を形にするために多くの人が出資をすることで、実際に実現したわけです。 早速クラウドファンディングを利用してみた クラウドバンクの「新興国マイクロファイナンスファンド」に投資してみました。 この商品は、新興国の貧しい人々に小口の融資を提供することで、自立支援をサポートし、貧困から脱出することを目指す金融サービスです。 募集金額 5,000万円にたいして、集まった金額はなんと6,481万円! 申し込み件数は34件ですので、一人当たり190万円という大口の投資金額になります。 予想投資利回り(変動制)は5.0% 分配金の支払いは3ヶ月ごとになります。 最低投資金額は3万円からです。 ただし、元本保証ではありません。 この商品への私の投資額は100万円。 そして、3ヶ月たった結果がこちら 現在の予想受取利息は19,921円となっています。 1年間で約5万円の配当金が出ることになりますので、3ヶ月だと12,500円。 そこから税金が20%引かれて、現在の受け取り収益が9,849円となっています。 日本の金利はゼロに等しいですから、これは非常に良い投資対象といえるのではないでしょうか。 リスクとしては、 ・為替変動リスク ・投資国の金利変動リスク ・投資対象の信用リスク ・新興国という不安定リスク があります。 もちろんこの点に関しては、厳格な審査が行われています。 そのためか、マイクロファイナンス機関の貸倒率は平均1%程度と、日本のノンバンクと比較しても約10分の1程度という低い水準を維持しているようです。 リスクがゼロではありませんが、昨年安20%進んだ円安により、円のままにしていた資産はその分目減りしています。 日銀は今後も金融緩和を継続しますが、米国は金融引き締め状態にあり、今後も円安傾向は数年間は続くということが、多くの専門家の意見のようです。 こういった事実がありますから、資産の一部を新興国発展の為に投資するのは、選択肢の一つとしてアリではないでしょうか。 日本では考えられない魅力的な金利での資産運用が可能なうえ、新興国の人々の生活の向上に貢献する。 資産運用をしながら海を越えた社会貢献ができるという新しい投資のカタチを「クラウドファンディング」で可能になります。 ご興味のある方は、こちらをクリック!
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> クラウウドファンディングとは?