急反発で15000円台回復だが、本格反騰には下値固めが必要

<8日(金)にオバマ大統領のイラク空爆の承認で円高進行し、15000円割れ>
 先週の4日(月)の時点では、好調な企業決算と地政学的リスクなどの海外の悪材料との綱引き相場になるとし、ただ、NYダウが7月31日(木)に柴田罫線では上向き先細三角形の下放れる売転換となっており、アメリカ株式の動きに注意が必要だとしました。アメリカ株式の下落が深くなれば、ドルが売られて円高になることも考えられるとし、又SQに絡んだ動きが出てくると、大きな上下動の可能性があるものの、15200~15600円のレンジを想定しました。

しかし、週前半は買い材料乏しく利益確定売りが続き、6日(水)には前日にポーランドの外相が「ロシア軍がウクライナの国境沿いに軍隊を集結しており、侵攻する構えでいる」と発言したことで地政学的リスクが高まり、NYダウが大幅下落となったことで▼160の15159円と5日続落となって、15200円を割り込みました。
そこで、6日(水)の一言メッセージでは、NYダウは26週移動平均線を切っており、その場合は過去の経験則から更に下落の可能性が出てきたとし、一方で円安が102円台で落ち着いていることで、15000円を下値として15000~15500円のボックス相場に戻る可能性があるとしました。NYダウの下げが続けば、15000円を一時的に切って14800円水準もアタマに入れておくところともしました。

結局、7日(木)は15061円まで下げていましたが、GPIF運用改革報道(日本株の運用配分を20%超えに増やす)から6日ぶりの反発となって、△72の15232円と反発しました。ところが、8日(金)はウクライナ情勢などの地政学的リスクで前場再び15000円水準まで下げていたところに、オバマ大統領が記者会見でイラクへの空爆を承認したとの報道が伝わり、為替がリスク回避の円買いとなって101円台半ばまで円高進行となったことで、主力の輸出関連株中心に投げが投げを呼ぶ急落となり、14753円の安値をつけて▼454の14778円と14800円を切って引けました。この日は8月のオプションの算出日(15036円)だったことや週末要因もあり、売り仕掛け的な動きもあって、予想を超える大幅下落となりました。

 8日(金)のアメリカ市場では、ロシア軍が軍事演習を終え予定通り基地へ戻っている報道や、ロシアの書記がウクライナを巡る緊張が早期に解消されるよう努力すると述べたことでウクライナ情勢への懸念が和らぎ、NYダウは前日の反動高となって△185の16553ドルと反発し、為替も102円台まで戻して引けました。そのためシカゴ日経先物は△250の15010円と15000円台を回復しています。

<15000円台を維持できるかどうかに注目>
 先週末の8日(金)は、オバマ大統領のイラクへの限定空爆承認をきっかけに為替が1ドル=101円台半ばまでの円高となったことで、▼454の14778円の急落となりました。週足の13週移動平均線(8日15029円)、26週移動平均線(8日14790円)を切ってしまいました。日足では、75日移動平均線(8日14944円)も200日移動平均線(8日14956円)も切りました。但し、この急落はSQ清算日や週末要因が重なり、更に裁定解消売りが出たことが挙げられています。この急落によって、5月21日の13964円の安値から7月31日の15759円の高値の上昇幅(1795円)の1/2押し(14879円)以下まで下げていますので、今日の急反発での15000円台が守れなければ、5月21日の13964円を起点とする上昇はいったん終わる可能性があります。

 本日の11日(月)は、シカゴ先物が15010円となっていたことで△244の15022円で寄り付きました。その後は15000円を巡る攻防となっていましたが、前引けにかけて先物主導で上げ幅を拡大し△329の15107円で引け、後場になっても公的年金の運用改革に伴う期待からじりじりと上値を切り上げ、△352の15130円で引けました。出来高・売買代金は低水準のままとなっています。

 今週は、15000円を回復したものの不安定な相場となりそうです。ウクライナ情勢を巡るロシアとの対立、イスラエルによるカザ地区侵攻、イラク過激派への空爆など地政学的リスクは高まったままですので、下値不安は根強く、15000円台を回復しても維持できるかどうかはNYダウ次第になってきました。NYダウの先週末の反発も、まだ自律反発の域を出ていないので注意が必要です。目先の下値は先週末のSQ清算値15036円となりますが、更に下げた場合は、投資家が下値の目安として意識する200日移動平均線(11日14960円)を守れるかどうかとなります。但し、チャートで下値確認するためには、いったん反発したあと8月8日の14778円の安値に対する2番底の動きを待つのが基本ですので、リスクをとらない場合は暫く様子見となります。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 急反発で15000円台回復だが、本格反騰には下値固めが必要