S&P 500 月例レポート

S&P 500®

7月末は恐怖を味わうも、投資家は市場を逃げ出さず

7月も一日早く終わってさえいれば、S&P500にとって引き続き好調な月でした。最終日を除けば、過去1年半の典型的な月だったと言えるでしょう。月初3日間連続で、終値ベースの過去最高値を更新(7月は合計5回。6月は8回、年初来の合計は27回。)マージャーマンデー(合併の月曜日)が続き、Twenty-First Century Fox (FOXA)のTime Warner (TWX)に対する800億ドルの買収提案など一部は難航しましたが、Dollar Tree (DLTR)によるFamily Dollar Stores (FDO)の買収(85億ドル)やオンライン不動産物件情報サイトのZillow (Z)によるTrulia (TRLA)の買収(26億ドル)などは、より順調に話が進んでいるようでした。米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を公表、債券買い入れ額を月額100億ドル縮小し、250億ドルにすることを決めています。債券購入は10月に終了するというのが大方の予想です。利上げ開始時期についてのヒントはあまり示されませんでしたが、2015年半ばになるだろうというのが、一般的な見方です。面白いことに、イエレンFRB議長は、一部市場は「過熱している」と発言しており、市場は30分間ほど反応しました。グリーンスパン元FRB議長が1998年12月5日に「根拠なき熱狂」と発言した記憶がよみがえりました。特筆すべきは、当時の指数が1,176で、2000年3月には1,527まで上昇(30%)し、2009年3月には677に下落したことです(現在は1,930)。原油価格は引き続き下落し、98ドルを下回って7月の取引を終えました。これは、悪天候による米国の農産物価格の上昇分を一部埋め合わせています。米国の第2四半期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比年率4.0%増となり、悪天候の影響によるとされる第1四半期のマイナス2.9%成長を十二分に相殺する格好となりました。時価総額ベースでは既に78%が終了している米企業決算も、期待を裏切っていません(小売の発表はこれからですが)。純利益は過去最高益を更新する見込みです。売上高は6%増加したものの、さほど大きな伸びではないため、利益率の記録更新となるでしょう。業績に関してさらに特筆すべきは、企業による自社株買いが標準な量を超えており、S&P500の構成銘柄の2割が1株当たり利益(EPS)を4%以上増やしています。自社株買いは正当で便利な経営ツールであるものの、投資家の観点から見れば、EPSの増加要因を評価し、株式数を減少させる自社株買いに対し、どれだけが売上高に触発された従来型の成長であるのかを適切に判断する必要があります。また、7月の相場は、表面上は好調でしたが、水面下では一部懸念がくすぶり続けていました。それでも状況を注視する向きがほとんどで、当該懸念が米国相場に大きく織り込まれることはないようでした。緊張が続くウクライナ情勢、マレーシア航空機撃墜事件などを受け、冷戦時代における対立構図の再来の様相を呈しています(ロシア市場は7月に10.9%下落、年初来で16.5%下落。米国市場は7月に1.5%下落、年初来で4.5%上昇)。イスラエルのパレスチナ自治区ガザへの侵攻は短期間で終わるかと見られていましたが、既に数週間が経過、いくつかの停戦も失敗に終わっています。アルゼンチンが再びデフォルトに陥るとの懸念(13年前に発生したデフォルトについて未だに米国裁判所で法廷闘争が続いています)と、ポルトガルの銀行問題(ポルトガル一国の問題であるものの、1年以上収まっていた欧州に対する懸念が再燃)が相まって、グローバル株式市場は下落しました。満月でもないのに(訳者注:満月には不吉なことが起こるというような風説がある)、これら全ての事象が7月最終日に集結したかのようでした。最終日の下落はトップニュースとなり、マスコミは上げ相場は終わり、下げ相場が始まったと報じました。確かにいずれはそれが真実となるのかもしれませんが、現状では、大きな売りや、無制限の売りや、とにかく逃げ出したいといった心情の売りはありませんでした。結果として7月31日(木)は2.0%下落し、4月以来最悪のパフォーマンスとなりました。2%以上の下落を記録したのは2011年末以降8日間しかなかったため、実際よりも深刻に感じられました(2011年は21日間)。VIX恐怖指数は6月の11.57から7月は16.95に急上昇しましたが、それでも過去の平均20.09に比べて16%減です。重要な問題は、どこまで深い下落となるか、そして、どの水準でボトムフィッシング(底値買い)が入るかです。マスコミは悲観的だったものの、トレーダーたちはより楽観的で、資金を引き揚げる向きは少ないようでした。

hyo1

hyo2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート