好調な企業決算と海外の悪材料との綱引き・・・特に、アメリカ株式の動きに要注意・・・

<円安と好調な企業決算で15700円台まで上昇するものの、週末は15500円台へ反落>
 先週の予測では、7月25日(金)に△173の15457円の高値引けとなって終値ベースで7月4日の15437円を更新したことでもみあいの上放れの形となり、そのため15500円台でのもみあいを想定しました。上値を追っていくのは現状の市場ボリュームからは難しいともしました。

結果的には、28日(月)に△71の15529円と半年ぶりに15500円台を回復し、為替がじりじりと1ドル=102円を目指す円安基調となってきたことや主力企業の決算が予想を上回ったことで更に戻りを試す動きとなり、30日(水)は4日続伸となって△28の15646円となりました。31日(木)は、前日のアメリカ市場で4~6月期のGDP速報値が前期比年率4.0%(予想△3.0%)とポジティブサプライズとなったことでドルが一時103.09円まで買われ、これを受けて日経平均は15759円まで上昇しました。売買代金も久しぶりに2兆2051億円と2兆円台のせとなりましたが短期的な過熱感もあり、大引けにかけて利益確定売りから▼25の15620円の小反落となりました。  この日の引け後の海外市場では、アルゼンチンのデフォルトやポルトガル銀行の経営破綻懸念で欧州株式が下落し、NYダウは▼317の16563ドルと急落しました。週末31日(金)の日経平均はこれを受けて続落するものの、為替は102円台の円安水準のままであったことで下げ幅は小さく、▼97の15523円と15500円台を守って引けました。

<好調な企業決算と海外の悪材料との綱引き>
 先週末のNYダウは、アルゼンチンのデフォルトやポルトガル銀行の経営破綻懸念、地政学的リスクから欧州株式の大幅下落が続いていることで、一時16437ドルと100ドルを超す下げが続いていましたが、7月雇用統計が予想を下回ったことで早期利上げ観測が後退し、買い戻しが入って▼69の16493ドルで引けました。

 ここにきて地政学的リスクに加え、アメリカ株式が変調をきたしてきています。柴田罫線では、以前からチャート分析の見方として、高値圏での上向き先細三角形は上放れるより下放れる確率が高いとしてきましたが、7月17日の17151ドルを高値にもみあい、7月31日は16563ドルで売転換出現となりました。8月1日には16437ドルまで下げて戻していますが、終値でここを切ってくると調整が長引く可能性があります。  このアメリカ株式の下落の背景は地政学的リスクという面より利上げが視野に入って、これを織り込み出したという面が強いかもしれません。その場合は、日米金利差の拡大からドル高・円安が進み、日本株は相対的に買われやすくなりますので、先週末のNYダウの大きな下げもそれほど影響しなかったといえます。
 しかし、アメリカ株式の調整がもし深くなれば、ドルが売られてリスク回避の円高となることも想定されますし、外国人投資家は国際分散投資をしていますのでアメリカ株式の下落による損失補てんで日本株を売ってくることも考えられます。以上のことを念頭において、NYダウの下げが大きくなくかつ為替の円安基調が続けば、日経平均は16000円を目指す動きとなります。今週はSQを絡んだ動きが出ると、大きな上下動の可能性もあります。15200~15600円のレンジを想定。

 本日4日(月)は、先週末のアメリカ株式の下落を受けて▼48の15474円で寄り付き15440円まで下げるものの押し目買い強く、前場はプラス圏となって△5の15528円と15500円台を守りましたが、後場になると為替がやや円高に推移していることもあり上値を追う動きにはならず、マイナス圏で小動きが続き▼48の15474円で引けました。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 好調な企業決算と海外の悪材料との綱引き・・・特に、アメリカ株式の動きに要注意・・・