世界のシルク(蚕糸絹業)は成長産業

 日本の養蚕業は典型的な衰退産業である。しかし、世界の養蚕業は「成長産業」である。世界の生糸生産量は2000年の11万㌧から、2012年には16万㌧に増えた。シルクは高級材であり、先進国・高所得国で消費が伸びている。蚕糸絹業の需要と供給の構造は、消費は先進国、供給は発展途上国であるが、日本の養蚕業の衰退からシルクを衰退産業とみるのは早計であろう。ミャンマーなど新しい供給国の出現が予想される。

1、世界と日本の成長ギャップ

 図1は、世界の生糸生産の推移である。一時的な落ち込みはあるものの、長期的には増大トレンドである。1951年の約2万㌧から1990年8万㌧、2012年16万㌧に増加した。90年代後半に一時的に落ち込みを見せるが、2000年頃から再び増加に転じた。

 2000年は11万㌧、2012年は16万㌧であり、上昇トレンドは確認できる。2008年以降の低迷は、シルクの消費国は高所得国であるため、リーマンショック後の経済低迷の影響を受けたのであろう。合成繊維など競合財の出現はあるものの、シルクは根強い需要があると言えよう。(注、FAO統計は2009年以降、中国等が推計値であるが、主産地・広西自治区の繭生産が順調に増大していることから推して、上記の判断に大きな問題はないであろう)。

 これに対し、日本のシルク需要は一貫して減少してきた(図2)。輸入主体であるが、シルクの需要は1975年には2万8000㌧(生糸量換算)もあったが、縮減一途をたどり、2012年には1万1000㌧に激減した。

図1 世界の生糸生産の推移
zu1

図2 日本の生糸生産と絹需要の長期推移
zu2

 供給面で見ると、日本のシルク産業の衰退はもっと劇的である。国産の生糸の生産は、第2次大戦前は4万㌧、戦後も1975年は2万㌧もあったが、今はわずか280㌧である。約100分の一。1950年代は日本の生糸生産は世界の約60%を占めていたが、2012年は0.2%である。一方、1950年代には20%を占めるにすぎなかった中国は2012年には約80%を占めるようになった。(日中逆転は1972年)。

 養蚕業は明治期に飛躍的に発展し、日本経済の発展に大きく貢献した。生糸は明治、大正と日本の主要な外貨獲得源であり、1880年には生糸輸出額は日本の輸入総額の37%も占めた(山澤逸平「生糸輸出と日本の経済発展」『一橋大学研究年報 経済学研究』1975年)。

 生糸輸出で稼いだ外貨で海外から近代技術を輸入したのであるから、生糸は日本産業近代化の生みの親であったと言って過言ではない(注、茶も明治期の主要な輸出商品であった)。しかし、1960年代の高度成長期を経て、70年代以降、衰退過程に入り、90年代以降は壊滅的な状態になった。

 以上のように、日本の蚕糸絹業は長期にわたり衰退過程をたどってきた。養蚕業を「衰退産業」と思い込む背景である。しかし、世界の養蚕業は成長産業であることも事実である。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 世界のシルク(蚕糸絹業)は成長産業