地政学的リスク落ち着けば、15500円台でのもみあいへ

<週半ばまでもみあいとなるが、週末に終値ベースで戻り高値更新>
 先週の予測では、ウクライナ情勢や中東情勢の地政学的リスクの高まりはあるものの、アメリカでは決算のピークを控えて好決算が期待され、国内的には1月23日の15958円の戻り天井の信用期日通過となって需給関係が改善し、本格化する4~6月期決算の上振れ期待が下値を支えることになるとし、15100~15500円の日柄調整が続くことを想定しました。

結果的には、3連休明けの22日(火)は、地政学的リスクの落ち着き(ウクライナの親ロシア派が遺体や飛行データの引渡しに応じることで合意や、アメリカのケリー国防長官がイスラエルの停戦模索のためエジプトへ)から、日経平均は4日ぶりの反発となって△127の15343円と前週末の18日(金)の▼154の15215円をほぼ埋めました。
その後は25日移動平均線近辺の15300円水準で膠着状態となり、23日(水)は▼14の15328円、24日(木)は▼44の15284円と本格化してくる決算の様子見となっていましたが、週末の25日(金)は海外でユーロ圏のPMIが予想外に良かったことでユーロ買いからドルに対しても101円台後半への円安が進み、主力企業の決算も予想を上回るものが目立ったことで先物に主導される形で上げ幅を拡大し、△173の15457円の高値引けとなりました。終値ベースで7月4日(15437円)を更新し、テクニカル的には保ち合いの上放れの形となります。

<今週は15500円台のせても、上値は重い展開へ>
 今週は、4~6月期決算発表は主要企業の前半戦のピークとなります。先週の動きは、決算発表後材料出尽くしという形にはならず、発表を通じて企業業績の堅調さが確認できたとして評価される動きとなっています。好決算が続くようだと決算を手掛かりに業績相場に向かいやすく、地政学的リスクなどの外部環境が落ち着いていれば、15500円を試す展開となりそうです。
 但し、市場ボリュームからみると上値を追っていく状況とはいえず、膠着状態からは完全に抜け出すのは難しいと思われます。外国人投資家は夏休みに入り、市場ボリュームの増加は期待できません。ただ、今週はアメリカでFOMCや4~6月期GDPの発表があり、景気回復の期待が高まればドルが買われて円安となり、輸出関連株中心に物色される可能性はあります。

 本日28日(月)は、先週末にアメリカ株式が下落したものの、為替は円高方向に動かなかったことで企業業績に期待する押し目買いが入って15500円台を回復しました。上海株式を始めとするアジア株式が大幅高となっていることで15556円まで上昇しましたが、ここから上値を追う動きとはならず高値圏のもみあいとなって、△69の15527円で引けました。テクニカル的には先週末の上昇が終値ベースでの戻り高値更新となっていたことで、目先の上放れの形でした。しかし、15500円から更に上値を追うのは、アメリカで今週はFOMCや7月雇用統計を控えているため様子見ムードとなる可能性があります。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 地政学的リスク落ち着けば、15500円台でのもみあいへ