相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6461)日本ピストンリング

 四季報2014年夏号によると、インドネシアの合弁解消影響通期化で売上高20億円目減り。ただ、主力の自動車部品が海外軸に微増し補う。5月に譲受の射出成形品事業も加わる。前上期かさんだ海外訴訟費用消滅、新工場の償却負担増でも営業益復調。創立80周年記念配。
2012年10月12日の120円を安値に11月19日に138円で買転換となり、アベノミクス相場にサポートされて下降トレンド(A)を上に抜けて2013年5月21日の221円まで上昇しました。ここをいったん調整入りとなりましたが、6月7日の154円、9月2日の152円と2点底をつけて今年の1月10日に231円となって高値を更新しました。ここをピークに再び調整入りとなり、5月19日に164円まで下げたところで、5月22日は売られ過ぎでしたが、翌日の5月23日の172円を安値に戻りを試す動きとなり、6月4日には186円で買転換が出現しました。

6461日本ピストンリング

(5805)昭和電線ホールディングス

 四季報2014年夏号によると、同軸ケーブル活発、光ファイバーのアジア輸出もプラス。線材は電力値上げ痛いが、事務器向けローラの効率化に加え、天津・巻線子会社の黒字化視野。小幅復配か。前期にEU課徴金を特損計上。
2006年中頃より140~180円の中長期のボックス相場(A)となっていましたが、2008年9月にリーマンショックを受けて急落し、2009年2月24日の50円で底打ちとなりました。この年の7月2日に133円の戻り高値をつけたあと大底圏でのボックス相場(B)となっていましたが、2012年9月5日の58円を安値に11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて、ボックス相場(B)の中で上昇トレンド(C)を形成しています。この上昇トレンド(C)の中で、2013年9月30日に133円となって2009年7月2日の133円とダブル天井の形を作り、今年の5月21日の93円まで下げて反発、7月8日に大商いとなって133円を突破し、138円のザラ場高値をつけました。これで一応長いボックス相場が終わりを迎えることになりますが、より確実には終値で133円を突破できれば、2008年9月以前(リーマンショック前)のボックス相場に復帰することになります。東京五輪までのインフレ整備という息の長いテーマですので、安いところを買ってじっくり保有するのもよいかもしれません。

5805昭和電線ホールディングス

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!