早期回復した25日移動平均線を守れるかどうか

早期回復した25日移動平均線を守れるかどうか
・・・ポルトガルの大手銀行の信用不安は限定的となるかどうかに注目・・・

<利益確定売りに押される中、週末はポルトガルの大手銀行の経営不安で一段安>
 先週の予測は、大きなイベントもなく高値圏でのもみあいになるとしました。上値は15500円水準から上は昨年出来高・売買代金が急増しているところなので、現在の売買代金が2兆円を割る状況では利益確定売りに押されることになるとしました。 一方で、下値は、目先は25日移動平均線が下値の目処となりますが、アメリカ株式の高値警戒感からの何かのきっかけで下落する場合や、イラク・ウクライナ問題などの地政学的リスクからリスク回避の円高となる場合は下値を試す要因になるとしました。

結局、先週は欧米株式の下落と円高基調から日経平均はじり安となり5日続落となりました。週前半は、アメリカ市場では欧州株式の軟調さや4~6月期決算の本格化を前に利益確定売りが続き、日経平均も同じく利益確定売り優勢となって25日移動平均線を下値の目処にもみあいとなっていました。しかし、週末の11日(金)は、前日に欧州市場でポルトガルの大手銀行の信用不安を受けて欧米株安となり、為替も地政学的リスクに加え欧州金融危機の再燃への警戒感からリスク回避の円買いとなったことで一時15101円まで下落し、終値は▼52の15164円となって25日移動平均線(11日15217円)を切って引けました。但し、6月SQ値の15084円は上回って引けました。

<今週は海外要因に左右される展開へ>
 今週は、先週末に出てきた新たな悪材料であるポルトガルの大手銀行の経営不安による欧州信用不安の再燃への懸念と、今月後半からの日本の4~6月期の堅調な業績への期待との綱引きとなって方向感のない動きとなりそうです。これまで日本株式市場は、好材料に取り囲まれその中で薄商いながら戻り高値を更新する動きとなっていましたが、先々週より、リスクはアメリカ株式が高値警戒感から何かのきっかけで下落する場合と、ウクライナ・イラク問題の悪化による円高としてきました。そのため、リスクをとる人のみが参加する相場状況としました。
 そして先週末の11日(金)にポルトガルの大手銀行の債務不履行懸念が表面化し、欧州株式の大幅下落となりました。NYダウも一時▼180の16805ドルまで下落しましたが、影響は一時的との見方から急速に下げ幅を縮小し、▼70の16915ドルで引けました。翌日の日経平均も15101円まで下げるものの、その後下げ渋って▼52の15164円となりましたが、25日移動平均線を下回って引けました。

 本日は、先週まで5日続落ということもあって値ごろ感から押し目買いが入り、後場の1時頃までは25日移動平均線(11日15217円)近辺までの戻りとなってもみあっていました。しかし、材料がないのにもかかわらず、1時過ぎから先物に断続的な買いが入り一段高となって15324円まで上昇し、△132の15296円で引けました。欧州信用不安は限定的であり、アメリカ企業決算は好調であるとの前提の見切り発車の可能性が高く、そうでなければ反落となってきます。

 柴田罫線で業種別の転換状況をみると、半分近くが売転換もしくは売転換間近となっていますので、ポルトガルの大手銀行の経営不安の波及が広がれば調整局面に入る可能性もあります。その場合は、大幅な値幅調整(6月13日の14830円を切った場合)となるのか、それとも日柄調整で終わるのかは今のところわかりません。わからない以上は様子見に徹するか(結果的に大きな調整になれば大チャンス)、リスクをとれる人は、狙った押し目水準からさらにもう一段下があるのを想定して2回に分けて買うことになります。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 早期回復した25日移動平均線を守れるかどうか