2014年7月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2014年7月1日時点での主要市場見通し

hyo

今号より、予想対象期間を2015年6月末までに、半年間延長している。

基本シナリオと見通し数値について

長期的な展望として、世界的な景気の回復基調に沿った、内外の株価上昇、長期金利上昇、全般的な外貨高・円安基調という見通しの大枠に、引き続き全く変更はない。ただし今年内は、日米等経済基調の安定した先進国中心に投資資金が向かう展開となろう。リスクは、引き続き新興諸国における地政学的リスク(政治体制の不安定化、内戦など)と、米国長期金利の急速な上方修正であろう。2015年前半は、投資環境の改善が新興諸国にも広がることにより、新興諸国の株価や通貨が先進国に追いつく展開が徐々に優位となってくるだろう。ただし中国経済については、長期的に警戒姿勢をとりたい。先進諸国の株価や通貨も一段上伸する可能性があるが、変化率は2014年後半に比べて抑制的になるだろう。2015年半ば以降、米国が金融緩和から引き締めに転じることにより、各国市場が波乱含みの展開に陥ることを懸念している。それが2015年半ばより、やや前倒しになる可能性は否定できない。

2014年12月までの予想レンジについては、基調的な株価上昇、長期金利上昇、外貨高・円安(ただしユーロについては引き続き警戒的)といった展望に変更はない。ただし、足元の膠着状況を脱するのにやや時間がかかることがありうるため、一部の予想レンジをやや狭めることとする。

2014年12月までの予想レンジを、前号(6月号)から次のように修正した(下線太字部は変更箇所)。
日経平均株価(円) 15000~20000 ⇒ 1490019000
10 年国債利回り(%) 0.6~1.7 ⇒ 0.551.5
米ドル(対円) 97~110 ⇒ 変更なし
ユーロ(対円) 125~145 ⇒ 130~145
豪ドル(対円) 90~120 ⇒ 90~115

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2014年7月1日時点での主要市場見通し