今週は海外イベントを受け、15000円を下値に日柄整理か!・・・指数が一服しても中小型株相場へ・・・

<閣議決定された成長戦略はサプライズなく目先材料出尽くしへ>
 先週の予測としては、海外から出遅れ感のある日本株式市場に資金が流入してきており、一本調子の上昇はないものの、3月7日の今年の戻り高値15312円を突破したことで、上値を試すことが想定されるとしました。但し、もう一段高となるには、閣議決定される成長戦略が事前の内容よりはより具体的なものが期待されているため、期待されている内容になれば一段高、そうでなければ目先材料出尽くしとなって利益確定を誘うことになるとしました。  又、テクニカル的な過熱感からみても、騰落レシオが買われ過ぎといわれる130%を大きく上回っているため、利益確定が出やすい状況だとしました。

結果的に、週初めはアメリカ株式の上昇や成長戦略への期待から戻り高値を更新する動きとなりましたが、25日(水)は、前日の引け後に成長戦略が閣議決定されたものの、サプライズなく目先は材料出尽くし、騰落レシオは164.1%と記録的な過熱感、更にアメリカ株式の下落を受けて、利益確定売りで▼109の15266円となりました。週末の27日(金)は、アメリカの1~3月期GDPが予想を大幅に下回ったことでドルが売られ、地政学的リスクから円が買われて101円台前半の円高となったことで、日経平均は先物主導で15027円まで売られ、▼213の15095円となりました。

 23日(月)の時点では、日経平均は15200~15500円の中の動きを想定していましたが、24日(火)の成長戦略の閣議決定の内容が事前に伝わっていたことと大差なかったことで材料視されず、下落はきっかけ待ちのため、25日(水)の一言メッセージでは調整待ちとし、15200円を切ると25日移動平均線(25日時点14970円)近辺の15000円水準が目先の下目ポイントとしました。結局、27日(金)にこの日の25日移動平均線(15033円)を少し下回る15027円まであって、15095円で引けました。これによって25日移動平均線までの乖離を埋めたので、スピード調整となる可能性があるという見方も出ていました。

<今週は多くのイベントを控え、高値圏での一進一退の動きか>
 国内的には先週成長戦略の閣議決定が終わり、サプライズなく目先は材料出尽くしとなったことで、次は7月1日の日銀短観で増税後の影響がどの程度なのかを確認することになり、影響が限定的であればプラス材料となります。  国外的には、アメリカの7月3日(木)の6月雇用統計が注目となり、予想を上回ればドル買い要因となって円安方向の動きとなりますが、一方でウクライナ・イラクの地政学的リスクが円高要因となることになります。
 日経平均は、年金の買いが続いていることで下値不安は乏しいものの買い上げる材料にも乏しく、15000円を下値に日柄調整となる可能性があります。下げたとしても、目先の下値ポイントは6月13日の安値14830円近辺、200日移動平均線(30日時点14813円)近辺だと思われます。日経平均の指数は下げても中小型株の値上がり銘柄数は多く、今のところうまく循環物色しているといえます。

 本日30日(月)の日経平均は、先週末の大幅下落の反動で買い先行で始まるが、為替が1ドル=101.20円台まで円高進行となったことでマイナスに転じ15052円まで下落するものの、25日移動平均線(30日時点15051円)にサポートされて反発し、後場になるとプラスに転じて△67の15162円で引けました。値上がり銘柄数は1568となっています。今日の動きをみると25日移動平均線が下値サポートとなる可能性もあります。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は海外イベントを受け、15000円を下値に日柄整理か!・・・指数が一服しても中小型株相場へ・・・