相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6584)三櫻工業

 四季報2014年夏号によると、主力の自動車チューブ、集合配管は国内向けが横ばい止まり。だが、北米向けが増勢続く、アジア向け堅調。ロシア新工場の本格稼働も寄与。海外立ち上げ費用消える。人件費増こなし、営業益続伸。営業外の為替差益は見込まず。連続増配。
2014年3月期はほぼ予想通り着地。2015年3月期は増収・増益予想。配当は22円から23円へ。
2011年2月16日の876円を高値に3月11日の東日本大震災を受けて急落し、その後も戻り弱く下降トレンド(A)を形成していました。この中で2012年10月10日に430円で底打ちとなって小さな三角保ち合い(B)を形成し、アベノミクス相場のスタートで11月19日に491円で買転換となって急伸、2013年5月21日の845円の高値をつけました。ここをピークに6月7日の651円まで下落して緩やかに戻りを試すものの、今年の1月16日の763円が戻り高値となって再下落し(下向き先細三角形C)、5月12日の614円をつけて反発、5月23日に670円で買転換となって戻りを試しています。

6584三櫻工業

(8940)インテリックス 東2

 四季報2014年夏号によると、首都圏重点に中古マンションを再生販売。15年5月期は新築分譲の引き渡しない。が、柱の中古マンション再生は前期後半に苦しんだ設備機器納入遅延が徐々に解消し、首都圏案件が順調増。地方案件も新拠点をテコに需要喚起。連続増益。
2013年6月7日の384円を安値に短期の上昇トレンド(A)を形成し、この中で今年の1月20日に1408円まで7ヶ月強で3.6倍化と急騰しました。ここをピークに買われ過ぎからの大幅下落となって下降トレンド(B)へ移行し、4月28日の780円、5月20日の781円とダブル底をつけて反発、6月23日に946円で買転換となって下降トレンド(B)を上に抜けてきています。但し、25日移動平均線(6月23日851円)は上向きとなっていますが、75日移動平均線(6月23日927円)は下向きのままですので、現水準からは上値が重くなります。そのため押し目待ちとなり、そのまま上昇すれば見送りとなります。

8940インテリックス

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!