相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6997)日本ケミコン

 四季報2014年夏号によると、アルミ電解コンデンサーはPC用停滞を産機用大型品が補い伸長。車載用キャパシタも搭載車種拡大などで伸びる。償却費、研究開発費減る。ただ、電気代値上げによる製造コスト増に加え、給与カット終え人件費増える。営業益横ばい圏。
2014年3月期は黒字転換。2015年3月期はわずかだが引き続き増収・増益。
2012年10月11日の100円を安値に安値圏でもみあったあと、アベノミクス相場のスタートで11月15日の120円で買転換となり、2013年5月21日の442円まで半年で3.6倍化となりました。ここから6月7日の309円まで押し目を入れて上昇トレンド(B)へ移行し、10月2日の510円で当面のピークとなりました。11月6日の352円まで下げて、今年の1月20日の439円まで反発後は下向きの先細三角形(C)の下落となっていましたが、この中で3月20日の286円、5月21日の292円と2点底となって6月9日に318円で買転換となりました。25日移動平均線(13日307円)と75日移動平均線(13日311円)を上回っており、まもなくゴールデンクロスする状況となっており、押し目買い有利といえます。

6997日本ケミコン

(6506)安川電機

 四季報2014年夏号によると、スマホ関連の設備投資需要で主力のサーボモーター伸びる。インバーター堅調。中国や東南アで自動車関連の省人化需要取り込み、ロボットも順調増。会社計画は最低線、表記程度の増益射程。連続増配。
4月21日の決算発表で、2015年3月期の連結営業利益は7%の275億に伸びる見通しを示したが、市場予想は330億だったため、嫌気されて下落となる。
2012年9月6日の480円を安値に11月2日に609円で買転換となり、中旬からスタートしたアベノミクス相場にサポートされて2013年5月21日の1505円まで急伸しました。ここから6月27日の1112円まで下げて三角保ち合い(A)となったあと、上放れて9月19日の1447円まで戻し、11月5日の1215円まで押し目を入れた後は再騰となって今年の1月6日の1696円まで上昇しました。ここをピークに調整入りとなり、2月28日の1580円が戻り天井となって下降トレンド(C)となりました。この中で4月21日の決算を嫌気して5月7日の1079円まで下落し、ここから反発となって5月22日に1187円で買転換となっています。ロボット関連銘柄が動意づいていますが、今のところ当銘柄は動いていません。信用買い残が多いからかもしれませんが、業績には問題ありませんので見直される可能性があります。そのまま上昇すれば、目先は1400円水準でいったん止まるところですので、見送りとなります。第3の矢である新たな成長戦略の中で、日本産業再興の1つとしてベンチャー支援ロボット革命がテーマとなっていますので、息の長い相場が期待できます。

6506安川電機

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!