相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5803)フジクラ

 四季報2014年春号によると、建設用電線、北米ネット工事が収益寄与。ワイヤハーネスの増設負担落ち着く。減損、リストラ特損。15年3月期は輸出主体の光機器は為替次第。が、ハーネス着実増、赤字のFPCも収支ゼロ圏狙う。
5月12日の決算発表では、2015年3月期の連結経常利益は37%増の190兆円に伸び、1円増配へ。光ファイバーやワイヤハーネスが伸長。自社株買いも。
2012年11月14日の211円を安値にアベノミクス相場がスタートし、12月13日に243円で買転換となって5月23日の434円まで上昇、ここを当面のピークにして三角保ち合い(B)を形成しました。この中で9月3日の332円を安値に上放れとなって今年の1月17日の538円まで上昇し、ここをピークに下降トレンド(C)入りとなっています。この下降トレンド(C)の中で2月5日の437円、3月20日の435円、5月12日の418円と順下げの3点底となって反発し、5月29日の457円で買転換となりました。

5803フジクラ

(6470)大豊工業

 四季報2014年春号によると、自動車部品は北米、中国を中心に拡大。営業増益。税負担平常化。増配。15年3月期は国内落ち込むが能力増強の海外の伸びが勝る。合理化効果で価格圧力や原価高こなし営業益続伸。為替差益は剥落。
2012年8月3日の700円、10月15日の702円、11月2日の712円と3点底となって11月16日の812円で買転換し、アベノミクス相場にサポートされて2013年2月4日の1395円、5月20日の1440円と2山を形成しました。ここをピークに調整となり、6月7日の1083円、6月21日の1121円と2点底をつけて再上昇となり、7月17日に1479円まで上昇しました。これで順上げの3尊天井のピークとなって7月29日に1314円で売転換となり、上昇トレンド(A)を切る形となりました。ここからの下げで1100円水準は強力な下値抵抗ラインになるところですので、12月10日の1105円まで下げていったん反発となり、12月30日の1237円まで反発するものの、再下落となって12月10日の1105円を切ると完全に下放れとなり、業績からみると売られ過ぎの大幅下落となりました。安値圏で2月5日の945円、3月28日の926円、4月11日の904円、5月20日の890円と順下げの4点底となって反発し、6月2日に1007円で買転換となりました。

6470大豊工業

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!