相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7244)市光工業

 四季報2014年春号によると、自動車照明大手。ドアミラーも。トヨタ、日産向け主力に各社と取引。仏ヴァレオと資本提携。主力の自動車ランプは技術料計上方法変更し営業黒字だが、タイ新工場立ち上げ費が想定超で幅は縮小。小幅復配か。15年3月期は国内向けは横ばい程度でも、タイが通期寄与、操業度向上に加え品質管理費用などの伸び抑制。持分法益が増加。
 
5月15日の決算発表では、2014年3月期は予想は下回るが、かろうじて黒字転換。2015年予想は大幅な増収・増益。
2011年2月9日に292円の高値をつけたあと3月11日の東日本大震災を受けて3月15日の121円まで急落。その後7月6日の208円まで戻るものの、ここが戻り天井となって下降トレンド(A)へ移行しました。この下降トレンド(A)の中で、2012年10月12日に105円で底打ちとなって緩やかな上昇トレンド(B)となり、2013年6月7日の131円の安値からは上昇角度の大きい上昇トレンド(C)へ移行、10月25日には204円の高値をつけました。ここをピークに業績下方修正を受けて急落となり、2月5日の132円、3月20日の130円、4月15日の131円と三点底(逆三尊天井)をつけて、5月15日の決算発表で悪材料を織り込み、5月16日に149円で買転換となりました。

7244市光工業

(3086)J.フロント リテイリング

 四季報2014年春号によると、百貨店大手の大丸と松坂屋HDとが統合。関西、中京圏が地盤。東京店を増床。15年2月期は消費増税影響と銀座、上野店南館の建て替え響く。高級ブランド新規導入や免税品強化、パルコ好調でも減収に。採算よい自主企画品増と前期減員効果で営業益横ばい。スーパー売却益消滅。
 
4月10日の決算発表では、2014年3月期は予想通り順調。2015年3月期は慎重な見通し。
2012年11月13日の368円を安値にアベノミクス相場がスタートし、12月26日に450円で買転換となって2013年4月9日の860円まで急騰しました。ここから6月13日の665円まで押し目を入れ、上方修正予測から7月22日の907円まで上昇し、その後三角保ち合い(A)となりました。三角保ち合いが煮詰まって11月25日の820円を高値に下放れとなり、今年の2月5日に627円の安値をつけて終値ベースで630~721円のボックス相場(B)入りとなりました。ここにきて全体相場が弱いなか上昇していますが、三角保ち合いを切ってからのボックス相場ですので、ボックスの上限を大きく抜ける可能性は少ないといえます。

3086J.フロント リテイリング

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!