相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4215)タキロン

 四季報2014年春号によると、プラスチック加工大手でIT向け樹脂板首位。樹脂系建材でも高シェア。医療関連にも展開。好採算の床材が期末に向け拡大。メディカルの用途開発費用こなし営業増益。15年3月期も床材がマンション改修用途中心に堅調。住環境も震災復興関連が本格化。メディカルの停滞補い利益高水準。
5月9日の決算発表では、2014年3月期を上方修正。
2011年3月15日の246円を安値とし、3月31日の351円を高値とする直角三角形の保ち合い(A)の煮詰まったところで2012年6月4日の242円を安値に反発となって上放れしました。11月13日の262円の安値からアベノミクス相場にサポートされて12月19日に299円で買転換となって上昇トレンド(B)を形成、5月22日の435円の高値をつけました。ここからの調整で6月7日の370円、8月8日の381円と2点底をつけて、今年の1月21日には483円と昨年来高値更新となりましたが、日経平均の急落につれ安し、短期の下降トレンド(C)となっていました。この下降トレンドの中で4月14日の383円を安値に5月9日の決算で上方修正となって446円で買転換出現となりました。

4215タキロン

(5480)日本冶金工業

 四季報2014年春号によると、建材向け好調で数量増。人件費削減も効果大。ただ製品価格が想定より軟調、前号から黒字幅縮小。15年3月期は一般材の数量一段増。高機能品拡販も効く。原料価格連動の単価弱含みこなし営業増益。
5月9日の決算発表では、2014年3月期黒字転換及び上方修正。
2011年8月1日の239円からの下降トレンド(A)の中で9月5日の62円、10月15日の61円と2点底をつけ、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて12月6日に78円で買転換となり、2013年4月23日の164円まで上昇しました。ここからいったん100円台まで下げてもみあったあと、黒字転換予想から急騰し、9月24日の400円まで4ヶ月で約4倍化となりました。ここをピークに調整入りとなり、今年の2月4日に225円まで下げた後は三角保ち合い(C)の動きとなっています。三角保ち合いの下値斜線のところで4月22日の281円、4月30日の282円とダブル底を作り、5月12日の好決算を受けて309円で買転換出現となったところです。

5480日本冶金工業

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!