相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6622)ダイヘン

 四季報2014年春号によると、自動車向け溶接メカトロが牽引。半導体機器も収益改善。15年3月期は太陽光発電用パワコン、昇圧用変圧器が繁忙続く。溶接メカトロ堅調持続。半導体関連も高周波電源など回復順調で営業益続伸。
2011年1月6日の413円の高値からの下降トレンド(A)の中で2012年10月3日の189円、11月14日の200円の2点底となったあとアベノミクス相場にサポートされて下降トレンド(A)を上放れし、上昇トレンド(B)へ移行しました。この中で2014年1月17日の549円まで上昇後、日経平均の急落につれ安し、3月3日に387円まで下げたあと業績の上方修正を織り込む動きとなるものの、全体の地合いから4月2日の426円までしか上昇できませんでした。ここから再度押し目を作る形となって4月11日に373円まで下げて反発に転じているところです。3月28日に本社社屋、工場の耐震対策工事の実施を決め特別損失計上による当期利益の下方修正を発表しましたが、同時に売上と経常利益は上方修正しており、受注も好調となっています。その後は、再下落となって4月11日に373円まで押し目を入れて戻りを試しているところです。

6622ダイヘン

(6924)岩崎電気

 四季報2014年春号によると、LEDは道路・トンネル向け受注増。米国子会社も採算向上。前号から利益上振れ。減損。15年3月期はLED自動化生産ライン増強し交換需要獲得。赤字事業撤退で光応用品も改善。営業益復調続く。
2011年5月12日の294円、6月13日の281円を2番天井とする下降トレンド(A)を形成し、この中で2012年10月11日の102円の安値をつけ、11月中旬のアベノミクス相場をスタートに11月16日の123円で買転換となって急騰し、2013年1月16日の243円まで上昇しました。ここから6月26日の167円まで下げたあと三角保ち合い(C)となりました。これが煮詰まったところで今年1月31日に202円の安値から上放れとなって3月7日の273円まで上昇後、240~260円のボックス相場となっています。4月22日引け後に14年3月期の上方修正を発表し、一時265円まで上昇しましたが、地合い悪く反落となっています。
3月7日に273円まで上昇し、その後は240~260円のボックス相場となっています。

6924岩崎電気

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!