S&P 500 月例レポート

S&P 500®

4月の市場は予想を上回る決算に支えられ、
ウクライナ情勢を乗り切る

成功の秘訣と言えば、結果を知った後で、成功とは何ぞやを定義すればよいのです。その意味では、0.62%上昇した4月(ほとんどは下旬における上昇)は、十分な成功を収めたと言えるでしょう。史上最悪の株価下落を記録した1987年10月19日の場合(20.47%、または4,070億ドル下落し、終値は224.84)も、時価総額の79.53%は守って、維持できたという意味では、成功を収めたと言えるでしょう。当時、S&P勤続10年目だった私は、財布にわずか残った小銭を数えていました。

4月の主な焦点は、緊張が高まるウクライナ危機でした。3月は米国市場への影響はなかったため、「危機」というよりも「状況」という扱いでしたが、今や「危機」と言えるでしょう。言葉遣いの上でも、軍事行動においても、対立が拡大しています。次に必然的に起こるのは、より深刻な経済的影響でしょう(現時点では、大多数の者が本格的な軍事的衝突は誰の利益にもならないと感じています)。欧州とロシアの経済的な関係と依存は米国とロシアのそれと比べはるかに大きいため、制裁(全ての当事者の政治的決定)を通じて更なる圧力が加わった場合、欧州への影響が強まり、景気回復が危うくなる可能性があります。そうなれば、世界経済にも影響が及びます。その点から見れば、月間はほとんど横ばいまたはマイナス圏で推移しながらも月末に上昇した4月は大きな成功を収めたかのように思えます。S&P500は0.62%上昇し、S&PグローバルBMI(総合指数)は0.38%上昇(米国を除くと0.75%上昇)しました。過去数年は、各四半期ごとに企業の業績が市場の下支えとなってきましたが、4月も同じくでした。第1四半期決算の69%が既に発表されていますが、業績は予想を上回り、過去最高を記録した2013年第4四半期からの下落が、予想よりもはるかに小さかった(3.9%の下落)ことは朗報でした。第2四半期に関する業績予想は数が限られていますが、依然変わりなく、2013年第4四半期を上回り、過去最高を更新する方向です。注目銘柄の一つは、決算がアナリスト予想を上回ったApple (AAPL)です(指数の四半期EPS(1株当たり利益)を0.5%上昇させました)。Appleは、自社株買いの規模を900億ドルに拡大(史上最大の規模であり、四半期の自社株買いも180億ドルと、指数の過去最高を更新。前回の記録は、同社が2013年第2四半期に記録した160億ドルでした)し、増配も発表しました。同社の株価は月間で9.9%(時価総額で435億ドル)上昇しました。トップライン(売上高)の観点から見れば、配当や自社株買いを通じて株主還元を増やしており、ボトムライン(最終損益)の観点から見れば、世界最大の公開企業であるAppleでさえも、アク
ティビスト(物言う株主)の圧力からは逃れられないということが言えます。Pfizer (PFE)はAstraZeneca (AZN)に提案している990億ドルの買収提示額が拒否されたにも関わらず、引き続き買収の機会を追求しています。ところが、Pfizerに関してより注目されているのは、本社を米国から英国に移転させ、何十億ドルもの節税が実現できる可能性です。仮に取引または本社移転が進展した場合、税法や資金の本国還流(リパトリ)に関する法律の改正への圧力が高まるとみられますが、これは苦渋の決断であり、ましてや選挙の年はなおさらです。さらに、eBayは自社株買いやその他の企業活動を行うために現金を本国に戻し、推定30億ドルの税金費用を支払うことを発表しています。企業の合併・買収(M&A)の増加を受け、ヘルスケア銘柄などが買われ、成長株投資よりもバリュー株投資が先行しているようでした。情報技術セクターに関しては「バブル」という言葉が頻繁に聞かれ、変動性が高い割安株に買いが入りました。現時点で投資家は、市場をどのように捉えてよいのかがわからない、という状況に置かれています。市場は年初来ベースで1.93%上昇していますが、2013年は29.60%、2011年は13.41%、それぞれ上昇しています。株式戦略家は成熟しつつある強気相場の成長の鈍化や調整局面の可能性を指摘しています。一部エコノミストは、2016年以降は非常に緩やかな伸びを予測しています。現時点で必要とされている判断材料として挙げられるのは、5月に発表される小売売上高(消費者がどこで何に金を使ったか)などのデータ、ウクライナ情勢における政治的・経済的決断、および、夏の一般消費者の消費予測(および企業利益への影響)です。

hyo1

hyo2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート