2014年5月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2014年5月1日時点での主要市場見通し

★表

基本シナリオと見通し数値について

世界的な景気の回復基調に沿った、内外の株価上昇、長期金利上昇、外貨高・円安基調(全般的には)という見通しの大枠に、全く変更はない。

国内経済は、住宅や高額品消費中心に、消費増税の悪影響はあるものの、消費全般の下振れは、予想した通り限定的なもので済みそうだ。米国は厳冬の影響が完全に剥落し、基調としての景気回復が一段と明確になりつつある。新興国はまだ景気実態・地政学的リスクともに波乱はありうるが、他国市場への不安の波及は抑制されてきている。日米では、金融政策はブレがなく、安定的に「我が道」を進んでいるが、市場は幸いなことに、怪しげな追加緩和説やカネ余り説に惑わされることが少なくなり、景気実態に目を向けているようだ。

具体的な予想レンジについては、今年前半(6月末まで)の見通しに関して、予想期間が徐々に短くなってきている(現時点で残り2か月間)ことから、前号に続いて、レンジをやや狭めることも検討した。しかし、足元膠着感が残る各市況が、逆に短期間に大きくぶれるリスクも捨てきれないことから、今号においてはレンジの修正は一切行なっていない。2014年12月までの予想レンジについても、前号からの修正は全くない。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2014年5月1日時点での主要市場見通し