ゴールデンウィーク入りで薄商いの中、先物主導での荒い動きが想定される

ゴールデンウィーク入りで薄商いの中、先物主導での荒い動きが想定される
・・・目先の動きに振り回されることなく、基本は14000~15000円のボックス圏の動き・・・

<先週は薄商いで上値追えず、TPP交渉大筋合意とならず失望売りで14500円割れ>
 先週の予測として、再び14000~15000円のボックス相場へ戻り、目先の上値は14800円水準であり、短期売買は利益確定優先とし、下値は25日移動平均線(14500円)水準を守れるかどうかによってボックスの下限を試すことも想定しました。上昇する場合は、売買代金が極端に減少しており、薄商いの中では上昇しても追随の買いが起こらず、上値は限定的であり、下値は日銀の追加の金融緩和策への期待やオバマ大統領来日でのTPPへの合意が14500円を守っているといえますので、期待通りになるかどうかというところでした。

先週は、結局は薄商いの中を、高値は21日(月)の14649円、安値は25日(金)の14327円の値幅の中で先物主導で値動きの荒い展開となりましたが、終値ベースでみると14400~14600円のボックス相場となっていました。下値は14500円を守れるかどうかとしていましたが、オバマ大統領とのTPP合意ならず、失望売りもあって24日(木)は▼141の14404円と14500円を割って引けました。週末の25日(金)は先物主導で切り返すもゴールデンウィークを控え、手仕舞い売り優先となって△24の14429円と小反発で引け、14500円回復となりませんでした。
先週は、前週比で日経平均は87円の下落で、売買代金は活況の目安とされる2兆円を大幅に下回り、25日(金)まで10週連続で下回っています。

<重要な経済指標の発表、ウクライナ情勢、ゴールデンウィークに突入し、様子見続く可能性>
 先週末25日(金)のアメリカ市場は、ウクライナへロシアが圧力を強めていることでG7で新たな追加制裁を発動する見通しとなり、アメリカの企業決算が冴えなかったことでNYダウは▼140の16361ドルの大幅安で引け、シカゴの日経先物は▼135の14325円で引けました。
今週は、ゴールデンウィークに突入して新たな資金の流入も期待できない中、先週末からウクライナ情勢が再び悪化し、リスク回避の円買いから株式市場にとってはマイナス要因となります。アメリカでは、29日(火)からFOMC、5月2日(金)の4月雇用統計が控えており、又企業決算は強弱ばらつきの結果でアメリカ株式の上昇もあまり期待できず、国内の30日(水)の日銀金融政策決定会合と黒田日銀総裁の会見によって追加金融緩和への期待が下値を支えることになります。
チャートからは、14500円を早めに回復しないと戻りが弱くなり、14000~15000円のボックスの下限を試す動きとなって14000~14500円のボックスへ移行してくる可能性があります。そうなった場合、チャートの形をみるとわかりますように、2月5日の13995円、4月11日の13885円と2点底(ダブル底に近い)となっており、13885円を切ると13600円台を試す可能性があることを念頭においておく必要があります。14000~15000円の大きなボックスが基本ですが、相場環境次第では一時的に下ブレもあることを考えておかねければなりません。
 週明けの28日(月)は、先週末のアメリカ株安を受けて売り先行で始まり、先物主導で下げ幅を拡大し一時14224円まで下落するものの、その後は連休の谷間ということもあって安値圏で膠着状態となり、▼141の14288円で引けました。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> ゴールデンウィーク入りで薄商いの中、先物主導での荒い動きが想定される