再び14000~15000円のレンジの中で、14500~15000円の動きを想定

<先週は、アメリカ株高と日銀の追加金融緩和期待で円安となり15000円台回復>
 先週は、ファンダメンタルズの面からは14500~15000円のレンジの中で戻りを試すも、アメリカの雇用統計や消費増税の影響を見極める動きになることを想定しました。但し、3月31日の終値は△131の14827円となって、目先での日足でのダブル底(17日の14203円と20日の14207円)を確定する14663円を上回って引けたので、15000円を目指す形となりました。しかし、更に一段上を目指すには、出来高・売買代金が膨らむ必要があるとしました。

 結果的には、売買代金が今年の最低水準のままで15000円台を回復する動きとなりました。この背景には、日銀への追加の金融緩和への期待が高まったためでした。というのは、4月1日(火)の日銀短観で3ヶ月先の6月の大企業製造業の業況判断指数(DI)が消費増税前の駆け込み需要の反動減が見込まれ、市場予想プラス13を大きく下回るプラス6しかなかったことで、一気に追加緩和策への期待が高まりました。  そのため為替が円安方向への動きとなり、4月2日(水)は前日のNYダウが高かったこともあり、3月12日以来の15000円台回復となりました。さらに3日(木)は、NYダウがザラ場で史上最高値を更新したのを受けて、日経平均は一時15164円まであって△125の15071円で引けました。但し、週末4日(金)は目先にはチャートのフシが多くあり、トピックスが前日まで9連騰ということもあって、高値警戒感から▼8の15063円と一服となりました。売買代金は1兆5663億円と今年最低を記録しました。
 3日(木)には日経平均はザラ場で15164円まで上昇し、75日移動平均線(15093円)、100日移動平均線(15108円)、柴田罫線の関門(15134円)、日足の一目均衡表の上限(15158円)をいったん上に抜きましたが、終値では15071円と突破できませんでした。15100~15200円は強力な上値抵抗ゾーンとなっています。

<14500~15000円のボックス相場へ>
 先週は、今週の7~8日の日銀の金融政策決定会合で、追加の金融緩和期待を下支えに薄商いの中で15000円台を回復して引けました。市場の大方の見方は、日銀の金融政策は現状維持ですので、現状維持であれば一部の期待されて上昇した部分(不動産株やその他金融株の上昇)は失望売りとなる可能性が高いといえます。先週末のアメリカ市場では、3月雇用統計が市場の期待ほどでなかったことでNYダウは大幅下落し、長期国債が買われてドル売り・円買いとなっており、シカゴ日経先物は▼205の14875円となっています。
 
 本日7日(月)は、シカゴの日経先物にサヤ寄せする形で始まり、明日の日銀の金融政策決定会合の結果発表を控えて年初来最低水準の出来高・売買代金のなか主力株中心に売られ、▼254の14808円で引けました。一時25日移動平均線(7日14743円)に接近する14764円まで下げましたが、大引けでは14800円を守って引けました。

 先週は、14500~15000円のレンジでの動きへ移行とし、19日の14663円を上回って引ければ15000円を目指すとし、結果的にザラ場では15164円まで上昇したものの、終値では15100~15200円の厚いカベに跳ね返され、週末は▼8の15063円で引けました。先週後半の上昇は薄商いの中での上昇(特に4日(金)の売買代金は1兆5663億円と今年最低を記録)であり、このような上昇の仕方は悪材料が出ると急落につながるというコメントを出していました。結局は、15000円台にある大きなフシを超えることができなかったことで、再び14000~15000円の大きなレンジに戻った様相を呈し、この中で14500~15000円の小レンジの動きとなって再び15000円台突破を目指す動きが想定されます。

 明日の日銀金融政策決定会合では追加の金融緩和政策が出る可能性は少なく、「現状維持」のままであれば失望売り(本日それを踏まえての下げを思われます)となり、相場環境の悪化が加われば追加の金融政策の催促相場となってもう一段下げる場合もあります。とにかく、大きな下げは追加の金融緩和策への期待が根底にありますので、押し目買いとなってきます。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 再び14000~15000円のレンジの中で、14500~15000円の動きを想定