2014年4月1日時点での主要市場見通し

花の一里塚~市場見通しサマリー

2014年4月1日時点での主要市場見通し

hyo

基本シナリオと見通し数値について

多少は国ごとに強弱あるものの、総じて世界的に景気の持ち直しが進み、世界市場において、全般的に株高、長期金利上昇、外貨高(対円)が進展する、という長期シナリオに全く変わりはない。

当面の悪材料とされた、ウクライナ情勢や中国経済・金融に対する懸念は、実態面では特にはかばかしい好転はないものの、市場の不安は沈静化しつつある。海外要因の比重が低下する中、日本国内では、4月からの消費税の影響に注目が集まろう。増税による景気の一旦の低迷は避けがたいだろう。しかし、過去の消費増税期に比べ、駆け込み需要が抑制されている感が強く、その分逆に、増税後の国内景気の落ち込みが限定的であると見込まれる。したがって、消費増税に伴う景気の落ち込み度合いが見え始め、同時に国内企業の決算発表がたけなわとなる5月辺りから、再度国内株価は上昇基調を強めるものと考えている。

具体的な予想レンジについては、基本的な考え方は変わらず、大きな変更はない。ただし、今年前半(6月末まで)の見通しに関して、予想期間が徐々に短くなってきていることから、レンジをやや狭めることとする。

2014年6月までの予想レンジを、前号(3月号)から次のように修正した(下線太字部は変更箇所)。
日経平均株価(円) 14000~18000 ⇒ 14000~17500
10年国債利回り(%) 0.55~1.5 ⇒ 0.55~1.3
米ドル(対円) 95~107 ⇒ 97~107
ユーロ(対円) 127~145 ⇒ 130~145
豪ドル(対円) 87~110 ⇒ 90~110
2014年12月までの予想レンジについては、前号からの修正は全くない。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 2014年4月1日時点での主要市場見通し