今週は様子見から14500~15000円のレンジでの動きへ移行

今週は様子見から14500~15000円のレンジでの動きへ移行
・・・一段高となるには、出来高・売買代金の増加待ち・・・

<想定したように14203円、14207円をダブル底にして14663円を突破して引ける>
 先週の予測では、新年度入りから新規資金の流入期待や配当取りの物色が相場を支えて自律反発する可能性が高く、それが持続するためには出来高・売買代金の増加が必要としました。  チャートの動きとしては、基本は14000~14500円のボックス圏の中で下限を試す動きとなり、前週の17日の14203円、20日の14207円とダブル底に近い2点底となっており、このまま14203円を切らずに19日の14663円を上回って引ければ15000円を目指す形になるとしました。

14日(金)の▼488の14327円の急落以降、17日(月)の安値14203円を安値に19日(水)の14663円を高値とするボックス相場となり、この中で20日(木)に14207円でダブル底の形を作ってボックスの下限から上限を試す動きとなりました。14200円水準は日経平均の価格率別出来高で最もボリュームが大きいところとしましたので、14200円が強力な抵抗ラインといえます。27日(木)の実質年度替わりの日には、前場は一時▼249の14227円まで下げたあと、後場になると新年度入りの先高期待と為替が円安に振れたことで200日移動平均線(14500円水準)を上に抜け、一段高となって配当落ち分の101円を埋めて△145の14622円の上昇となりました。
週末28日(金)は、前日の配当落ち分を即日埋めたことで投資家心理が改善し、新年度入りの先高期待もあって△73の14696円の3日続伸となり、19日(水)の14663円の高値を上回って引けました。

<戻りを試すも、アメリカの雇用統計や消費増税の影響を見定める展開も>
 名実共に新年度入りとなり、新規資金の流入期待から需給面の改善期待があるものの、週末のアメリカの3月雇用統計を控え、又国内の消費増税の影響を見極めたい動きもあって本格的な売買は手がけにくい状況といえます。

 チャート上は、目先の上値抵抗ラインであった200日移動平均線(31日14534円)を上回り、日足のダブル底を確定する14663円を上回り、本日31日(月)は25日移動平均線(31日14738円)を上回り、終値は△131の14827円で引けました。次は終値で、柴田罫線では14843円を上回って引けるかどうかとなります。出来高・売買代金共に先週末より減少してきています。更に一段上を目指すかは、どうしても出来高・売買代金が膨らむ必要がありますが、今週は米3月雇用統計や明日からの消費増税を控えて様子見となって14000円台後半でのもみあいとなりそうです。大きくは14000~15000円のボックス圏の中で、先週までは14000~14500円での動きとなり、今週はここを抜けたことで14500~15000円の動きとなる可能性があります。もし、この14500~15000円のボックス圏の中で14800円台で下値固めができれば上値を試すことができます。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は様子見から14500~15000円のレンジでの動きへ移行