「会社を根本から変えるパワー」

 トステム、INAX(イナックス)、サンウエーブという名前は知っていても、リクシル(Lixil)という社名はまだ馴染みが少ない。LixilはLiving × Life からとっており、逆から読んでも同じだ。以前の社名は住生活グループだが、これも十分知られていたかといえば、さほどでもない。かつて、トステムが上場した時のことはよく覚えている。創業者の潮田健次郎氏は強烈な個性の持ち主で、リーダーシップを発揮して企業統合を進めてきた。

 2代目の潮田洋一郎氏は、どのように会社をつないでいくか。ここで、潮田氏はユニークな仕組みをとっていった。自らが経営の指揮を全て執るのではなく、コーポレート・ガバナンス(企業統治)の責任者として企業を発展させることを考えた。ワンマン経営ではなく、グローバルに通用する企業になると決めた。

 そこで、企業としてもビジョンを固め、そのシンボルがLixilとなった。会社運営の仕組みは委員会設置会社を選び、自らは取締役会議長としてガバナンスを担いつつも、経営の執行という意味では、会長や社長から外れている。経営のトップには、GEに長く勤め、実績をあげてきた藤森義明氏を2011年に社長(CEO)として迎え、全権を任せている。

 ここからLixilグループは大胆な変貌を遂げるべく、本格的なスタートを切った。この2月に、藤森社長による個人投資家説明会が開催された。90分のうち社長のプレゼン(説明)は45分、後の45分は全てQ&Aである。個人投資家説明会で、Q&Aに半分の時間を使い、どんな質問にもしっかり丁寧に答えるというのは珍しい。質問はどれも投資家として「知りたい項目」ばかりであった。質問の内容から会社の方向がよくわかったので、そのいくつかを採り上げてみる。

 中期経営ビジョンで、売上高3兆円、うち海外1兆円、売上高営業利益率8%、ROE8%以上を挙げている。海外ビジネスの拡大に向けてM&Aを次々と行っている。アジア、中国、イタリア、米国、ドイツの会社をM&Aしている。直近ではドイツのグローエを4000億円で共同買収した。これはどういう考えで行っているのか。

 基本的には全て戦略に則っている。将来それぞれの分野で№1を確固たるものにすることを狙っている。買収対象企業は、①ブランドが強い、②デザイン力や技術力がある、③流通網を押さえている、④経営がしっかりしている、ことが基本である。海外企業のリストラは日本人ではできないので、リストラが終わった企業を対象とする。

 株価EBITDA(償却前営業利益)倍率は10~11倍までで、ROIも10%を出せることが基本である。その上で相手と価格交渉をしていくが、この基準を超えてくるならば、深追いはしないという。また、M&Aは国内と海外では意味が異なり、国内はコンソリデーション(コスト削減)、海外は成長を目指したM&Aとなる。

 同業のYKKは、買収の対象とはならない。サッシについては当社がシェア5割、YKKが3割を有するので、独禁法上合併は難しい。世の中では価格カルテルが話題になるが、当社はどう対応するのか。グローバルにM&Aを進めていくと、各国でのコントローラーシップ(会計情報)、コンプライアンス、ガバナンスを相当強化する必要がある。そのために、今年4月から新しい仕組みを導入するという。日本人が日本からマネージするのではなく、CLO(チーフリーガルオフィサー)を海外から採用する。世界に通じる法に則ったルールを社内の仕組みとして作る。要は、ずるいことをやった人には、即出て行ってもらう。

 海外企業のM&Aでどんな成長を目指すのか。米、欧の先進国でのビジネスは5~10年は伸ばしていける。それでも2桁成長まではいかない。とすると、途上国に展開する必要がる。現状のブラジル、アルゼンチンには手を出せないが、トルコ、南ア、ミヤンマーなどは考えていくという。先進国に比べて、途上国は投資規模も数100億円と少ないので、安全をみながら、そのウエイトを上げていく。

・不測の事態にはどのように対処するのか。タイの洪水とか、国内でも地震や豪雪がある。タイのサプライヤーの供給体制は大丈夫かなど、何かあっても1社のパーツには頼らないようにしている。さもないと、その影響ですべてが止まってしまうということが起きるからである。

 儲からないビジネスはどうするのか。事業の撤退、売却については、3年間で一定の利益率を達成できるかどうかを基準にする。コア事業については、8~10%の利益率を確保できるか。コア以外の事業については、10%以上の利益率がとれるのかが判断の分れ道である。ノンコアビジネスについては、収益性が高くなければ売ることもありうる、コア事業については、利益率が2%から6%まで上がっている。もし自力で8%までいかないなら、誰かと組むことも考えていく。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 「会社を根本から変えるパワー」