S&P 500 月例レポート

S&P 500®

2月は再びブルマーケットに転じ、
ベアマーケットの「熊」は今のところ冬眠に戻る

ドン・マクリーンのヒット曲「アメリカン・パイ」の歌詞に、「でもあの年の2月、配達していた新聞を読んで僕は震えた。玄関先に届いた悪いニュース。次の一歩が踏み出せなくなった。」というのがありますが、今年の2月に関して言えば、それはベアマーケット(弱気相場)の「熊」が死んだ2月3日までのこと。以降、私たちが口ずさんだのは「株を買おう、買おう」「株価よ、上昇せよ」といった言葉で、寄り付きに買い注文を入れ、引けに売り、典型的な資本家たちはシャンパンを飲みながら、成功報酬が永遠に続くよう祈りました。一方、連邦議会は黙視状態、色々な約束を並べたてながらも、何も行動を起こさずにいました。

一時的だったベアマーケットは2014年1月15日の高値(1848.38)から2月3日の安値(1741.89)まで11日間続き、5.76%の「大幅な」調整(修正とは言えませんでした)局面に入り、マスコミを賑わせました。その後市場は損失を回復し、過去最高値を更新しました。強気筋がウォール街に長期的に留まるわけではないでしょうが、ファンドマネージャーの間で楽観的意識があまりにも強く、市場に流入するだろうと思われる資金があまりにも多額であるなか、買いが売りを上回ったようです。我々がどう分析しようと結局市場を動かすのは実際の取引です。一方、(低金利が続くなか)損益計算書やバランスシートが良好な状態にあることも市場の下支えとなっていることも確かです。第4四半期の決算発表が97%超終了し、業績は第4四半期、通期ともに過去最高を記録する寸前です。キャッシュフローは強固で、(年次報告書フォーム10Kの提出が続くなか)第4四半期に関してはまだわかりませんが、2013年は過去最高を記録した模様です。キャッシュに関しても記録を更新し、帳簿上には91週間分の純利益が残り、利子所得は少ないものの、アクティビスト(物言う株主)を多く引き寄せています。設備投資も記録的水準にあるようですが、現時点では新たに工場を設置するというよりも、維持・改善のための設備投資です。金利は依然として比較的低水準であるため、債務も管理可能な水準にあります(米連邦準備理事会(FRB)は2015年までは金利引き上げに着手しないという見方が優勢)。ファンダメンタルズで期待外れなのは売り上げです。2013年第4四半期は前年同期比1.2%増、2013年は前年比2.4%増と、そこに問題があるわけです。企業が業績の最高記録を更新しているのは売り上げのおかげではなく、利益率が高いからです。生産量の増加は雇用につながり、消費者が自由に使えるお金が増えます。ところが売り上げが軟調だと生産量も増えません。誰がどんな美辞麗句を使おうと、税額控除がどうであろうと、100個しか売れないと思う製品を110個生産する企業などありません。必要となるのは、ある程度の透明性と信頼性です。企業はマイナスの環境に対応することはできますが、来るべき年に何が起こるかほとんど分からない場合は計画の立てようがありません。2月に大きなプラスとなったのは、マイナス要因が出なかったことです。ソチ冬季五輪はテロも無く、無事終了しました。ウクライナ情勢は世界的に大きな課題に発展する可能性がありましたが(今後もその可能性あり)、「限られた」暴力で政権交代が行われ、国家分裂の可能性が出てきています。FRBは利上げの話を始めましたが、話し合いが始まったばかりで、今年中に利上げが始まると予想する向きはありませんでした。11月の議会選挙に向け、有利な立場をとろうと政治家が動き始めるなか、米国政治は、口先ばかりで行動が伴わない普段の状態に戻りました(最近までは怒鳴り合っていたのが、落ち着いて話すようになっただけましですが)。第4四半期の業績は悪天候要因にも関わらず、良好でした。(イエレンFRB議長も言及したとおり)第1四半期も悪天候要因があり、受注、生産性、国内総生産(GDP)に幾らか影響を及ぼすと私はみています。株への資金流入はプラスです。過去最高値の更新や、様々なイベントを無難に乗り切ることのできる相場の堅調地合いが、引き続き(特に低金利が続けば)新たな資金流入の下支えとなるでしょう。

hyo1

hyo2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート