年数回しかない買いチャンスの到来

年数回しかない買いチャンスの到来
・・・下値は今週のFOMCの結果次第・・・

<先週は、週末の24日(金)に終値15391円となって追加の売法則出現>
 先週の予測では、日経平均は大きな上下動を繰り返しているが、NT倍率の修正が続いているために、日経平均の指数に惑わされず出遅れの中小型株を個別物色していく場面だとしました。チャートをみると、日経平均は1月14日の15383円を安値に1月16日まで上昇し、終値では1月15日の15808円が上値となっており、基本的には日柄調整であれば15400~15800円の中でのもみあいのあと上値を試すことになるとしました。しかし、15383円を終値で切ると15100円台が下値ポイントになるとしていました。

先週は、週半ばまでは為替の104円台前半から後半への円安を背景に日経平均は戻りを試す動きとなっていましたが、23日(木)の前場に15958円と大台の16000円目前となるものの、後場になると中国の経済指標の悪化をきっかけに失速し、▼125の15695円となりました。さらにこの日の引け後のアメリカ市場で、中国の経済指標悪化とアメリカの経済指標の悪化が重なったことでドルの全面安となって株も売られ、NYダウは▼175の16197ドルの大幅安となりました。これを受けて週末24日(金)の日経平均は先物主導で売られ、一時15288円と1月14日の安値15383円を下回り、終値は▼304の15391円となって柴田罫線でろく売という追加の売法則が出現しました。1月14日の安値15383円を終値で切ると15100円台(12月6日の安値15112円)としましたが、視野に入ってきました。

<新興国懸念が台頭し、目先は様子見へ>
 今年の予測で、日経平均は中長期上昇トレンドを維持するが、昨年のようなスムーズな上昇ではなく、波乱要因を含んでいるとし、その中で中国問題やQE3縮小の問題をあげていました。先週末は、中国の経済指標の悪化をきっかけに世界同時株安の様相を呈してきました。

 中国の経済指標の悪化と同時にアルゼンチンのペソが外貨準備の不足や経常赤字などを理由に12%の急落となり、それがトルコ、南アフリカなどに波及しています。その根底にあるものは、今月から始まるアメリカの量的金融緩和の縮小により、新興国から投資資金が流出する懸念があるためです。そのため、今週は28~29日のFOMCが注目となります。想定通り実施すれば、目先は材料出尽くしとなるのかどうか、縮小の規模が拡大したり縮小したりすれば、FRBの金融政策の変更となって混乱を起こすことになるのかどうかなど、様子見するところとなります。

 週末のアメリカ市場は、アルゼンチンなどの新興国への懸念からアジア、欧州株式が大幅下落となったことでアメリカ株式も売り先行で始まり、恐怖指数といわれるVIX指数も10月15日以来の水準まで上昇(18.14)し、さらに企業決算も予想を下回るものが多く、又債務上限問題への不安も再燃し、NYダウは▼318の15879ドル、ナスダックは▼90の4128Pの急落となりました。

<日米の経済指標に売転換出現、調整長引く可能性も。まずはリバウンド狙いで>
 柴田罫線をみると、今年になって日経平均は1月9日に15880円で売転換が出現し、さらに先週の24日(金)にろく売という追加の売法則が出現しました。トピックスは14日(火)に1269Pで売転換出現となっています。アメリカではNYダウが23日(木)に16197ドルで売転換出現となり、24日(金)に▼318の15879ドルと急落しました。トピックスは大きく下げていますが、まだ売法則は出ていません。

 日経平均は、基本的に日銀の異次元の量的緩和を通じて円安を促し、主力の輸出株中心に上昇する形となっていますが、先週の24日(金)に1ドル=102.25円で引けて、柴田罫線ではドルの売転換(円の買転換)の出現となっています。日足でみてみると、12月30日の105.4円、1月2日の105.4円とダブル天井となっており、又中長期トレンドでは2007年6月22日の124.1円の高値から2011年10月28日の75.32円の安値までの下げ幅の61.8%戻しが105.49円ですので、達成感からの調整入りの見方もできます。次に円が105.4円を更新する円安となってくるのは4月の消費増税に合わせて日銀の異次元の金融緩和第2弾が行われると予想されていますが、そのタイミングを待たなければならないかもしれません。

<下げ止まりはFRBの金融政策次第だが、15000円水準以下は買いチャンス>
 現在の急落は、今年の後半にはアメリカの量的金融緩和策(QE3)が終わるために、今月より資産買い入れ額を100億ドルづつ縮小していくことで、新興国市場から資金が流出するとの懸念からアルゼンチンのペソが急落し、他の新興国にも波及している結果を受けての急落といえます。以前にも指摘しておきましたが、欧米株式は史上最高値圏にあるため、何かきっかけ次第では大きな下げになるとしていました。上がり過ぎたものは下げるのが当然ですので、この下げは絶好の買い場となります。

 どこで下げ止まるかは、FRBが28~29日のFOMCでQE3の縮小幅をどうするのかが注目となります。先週末のNYダウの▼318の15879ドルは、QE3の縮小幅を拡大するのではないかという懸念から始まっていますので、現在の世界同時株安的な様相やドル安に対してFRBがどういう対応をするのかを見極める必要があります。その対応によって、さらに一段安となるのか、それともこの水準から反発していくのかとなります。

 日経平均は、先週の予測では、14日(火)の安値15383円を切っても昨年の12月6日の15112円を守ることを前提にして、下値ポイントを15100円台としていましたが、アルゼンチンペソの急落という予想外の悪材料が出て、先週末の24日(金)のシカゴ日経先物は14930円までありました。15112円を切ると心理的なフシは15000円ですが、次の下値抵抗ラインは14800円水準となります。この14800円水準は強力な下値抵抗ラインとなりますが、ここを切ると14500円が次の下値抵抗ラインとなります。そこまでいくのかどうかは、FRBの金融政策に変化があるのかどうかを確認する必要があります。どちらにしろ、アメリカの景気は回復しており、日本もアベノミクスによる中長期トレンドは続きますので、日経平均の15000円以下は、好業績の個別株は買っていくところです。

 本日は、前場はシカゴ先物の14950円にサヤ寄せする形で14933円まで下げた後は下げ渋り、前引けは▼382の15009円でした。日銀のETF買いが意識され、又為替がやや円安の動きとなったことで後場は15000円台でのこう着状態となり、▼385の15005円の大幅安で引けました。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 年数回しかない買いチャンスの到来