相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7313)テイ・エス テック

 四季報2014年新春号によると、主力のホンダ向け4輪シートは北米や中国、東南アジアを中心に海外が牽引。2輪シートも伸びる。円安カサ上げ効果も想定以上。増益幅拡大。最高益更新、連続増配。15年3月期も4輪シートはホンダ向けが海外増、国内も新型車効果で改善。ホンダ系の4輪シート部品メーカー。約9割がホンダグループ向け。
2012年10月11日の1145円を安値に上昇トレンド(A)→上昇トレンド(B)の上昇となり、2013年5月20日の3660円、8月5日の3850円、10月15日の4045円と順上げの三尊天井となって10月31日に3670円で売転換出現となり、上昇トレンド(B)を下に切りました。その後、11月5日の3325円、12月27日の3350円と2点底をつけ、今年の1月8日に3675円で買転換出現となっています。10月15日の4045円を上に抜ければ三尊天井の崩れ型という一段高の形となります。

7313テイ・エス テック

(4007)日本化成

 四季報2014年新春号によると、液体アンモニアなお堅調。電子向け工業薬品、タイク(ゴム・樹脂架橋剤)にも浮揚感。エンジの復興関連一巡だが、定額償却に変更し2・4億円の利益カサ上げ。15年3月期は硝酸の集約効果が徐々に発現。
2011年1月27日の229円を高値にもみあっているところに3月11日の東日本大震災が起こり、3月15日の108円までの暴落となりました。ここから7月25日の191円まで戻してこれが戻り天井となり、下降トレンド(A)を形成しました。この中で、2012年10月15日の91円で底打ちとなり、11月中旬のアベノミクスによる急激な円安を受けて反発となり、下降トレンド(A)を上に抜けて2013年1月21日の194円までの上位賞となりました。ここを戻り高値に短期の下降トレンド(B)となり、この中で6月7日の112円で2012年10月15日の91円に対する2番底となって戻りを試しているところです。チャートの形としては、91円からの上昇トレンド(C)を形成しているところで、5月22日の168円を上に抜けると一段高となっていく形です。

4007日本化成

(4003)コープケミカル

 四季報2014年新春号によると、電子部品向け工業用リン酸液や製紙向け硫酸が軟調。が、肥料は過剰在庫削減目的の生産調整終え回復。人件費削減が下支え。復配は微妙。15年3月期は肥料の自社品販売増が寄与。営業益小幅増。
2010年3月31日の160円の戻り高値からの下降トレンド(A)を形成し、この中で2011年3月15日の70円を底値に反発してもみあい、11月22日の89円の安値からの上昇で下降トレンド(A)を上に抜けて12月13日の148円まで戻しました。その後120円を挟んだもみあいとなったあと下値確認の動きとなり、2012年5月15日の86円、10月5日の86円とダブル底を作って12月20日に102円で買転換となり、アベノミクス相場にサポートされて5月17日の176円まで上昇しました。ここをピークに6月7日の113円まで下落したあと緩やかに下値を切り上げる上昇トレンド(B)を形成しています。

4003コープケミカル

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!