年末の日米株式の強気相場の反動続く

年末の日米株式の強気相場の反動続く
・・・12月雇用統計の予想外の結果をきっかけに下値模索へ・・・
・・・柴田罫線では1月9日(木)に売転換出現・・・

<高値警戒感からの下落へ>
 1月6日(月)の予測では、この日に為替の円高への振れや年末相場の9連騰という大幅高の反動から先物主導で利益確定売りとなり、▼382の15908円の大幅安となりました。これは特別悪材料が出たわけではなく、目先買われ過ぎたものは当然の下落となるとしました。買われ過ぎたものとは、日経平均の指数を支えてきた一部の根ガサ株であり、これらが売られて日経平均の指数は大きく下げました。しかし相場全体をみてみると、この日の上昇銘柄は906と下落銘柄数を上回っており、新安値銘柄数は0で新高値銘柄数は170と、ふつうの場合は日経平均はプラスの状況の内容でした。それは、これまでのNY倍率の異常な格差を修正しているため、トピックスの下げが10Pの1292Pとそれほど大きくなかったことによります。
 そのため、先週の予測としては、12月の雇用統計を週末に控えており日経平均の上値は重いものの、中小型株の出遅れの水準訂正が続くことになりそうだとしました。結果的に、7日(火)に15784円まで下落し25日移動平均線(15700円水準)に接近して▼94の15814円となったあと、欧米株高を受けて8日(水)は△307の16121円と反発しトピックスは昨年来高値を更新するものの、9日(木)は翌日のSQを前に売り仕掛けと利益確定売りから▼241の15880円となって、柴田罫線では短期の売転換出現となりました。週末の10日(金)は、1月SQ値が15784円となり、15754円まで下げた後は前日の終値(15880円)を挟んだもみあいとなり、終値は△31の15912円で引けました。本来ならば25日移動平均線(1月10日時点15709円)や1月SQ値15784円を上回って引けているので、下値は底堅く堅調な動きが想定されるところでした。
 しかし、日本市場の引け後のアメリカ市場で、注目の12月雇用統計で非農業部門雇用者数が予想の19.7万人増のところ7.4万人増と予想外の結果となったことで、QE3の縮小時期が延びる可能性があるとし、長期金利が低下してドルが売られ、一時103円台の円高となりました。長期金利の低下が続くようなら、日経平均は下値模索の動きとなります。

<今週は、アメリカ株式と為替の動き次第で下値模索続く可能性>
 日本が休場の昨日13日(月)のアメリカ市場では、先週末10日(金)の12月雇用統計が予想の19.7万人増を大きく下回る7.4万人増となったことで景気回復の遅れ懸念から量的緩和縮小時期が後退するのではないかとの見方から10年債利回りが1ヶ月ぶりの低水準となってドル全面安となり、株価も高値警戒感が浮上して▼179の16257ドルの大幅安となりました。

 日経平均は、先週末10日(金)は△31の15912円となって1月SQ値15784円を上回って引けていましたが、前日の9日(木)に柴田罫線では短期の売転換が出現しており、この日のチャート分析では1月7日の15784円を終値で切ると小さな三角保ち合いの下限(11月8日の14026円)から12月30日の16320円までの上昇幅の1/3押し(15550円)が下値ポイントになるとしました。しかし、本日の前場は為替の102円台とアメリカ株安から▼254の15657円で寄り付くと1/3押し水準をあっさり切って一時▼436の15475円まで下落し、ここから反発するも上値重く前引けは▼326の15585円でした。後場になると先物主導で下げ幅を拡大し、一時▼529の15383円まで下げて終値は▼489の15422円でした。

 日米共に先行きの楽観論から強気に傾き過ぎていたことの修正場面とみてよく、上がったものは下がるのですから、特におきな悪材料が出たわけではありませんので、大きく下げたところは買っていくところです。1つ目の大きな下値ポイントとした14026円から16320円までの上昇幅の1/3押し(15550円)を下に切りましたので、その次は1/2押し(15173円)水準となります。もちろんそこまで下げるかどうかはアメリカ株式及び為替の動きにかかわってきますので、今のところ何ともいえませんが、想定しておくところとなります。但し、好業績の個別株で出遅れ銘柄は少しづつ買っていくところです。
 反発する期待のあるものとしては、16日(木)に黒田日銀総裁の会見があり、21~22日の日銀金融政策決定会合に向けて異次元金融緩和第2弾の発表があればというものがありますが、それがなければ今週は下値模索の動きが続く可能性もあります。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 年末の日米株式の強気相場の反動続く