来年はリスクを内包したアベノミクス相場の第2幕の展開へ

来年はリスクを内包したアベノミクス相場の第2幕の展開へ
・・・年末16000円大台のせで引けるかに注目・・・

<QE3の実施がバーナンキ発言によって好材料視され、日経平均は年初来高値更新>
 先週は、予測を上回る上昇となりました。16日(月)の時点では、FOMCの結果でQE3の縮小が見送られれば前週の下げ分を埋める上昇となり、縮小が決定されれば目先はいったん下落することを想定しました。しかし、18日(水)の時点では、アメリカではQE3の縮小が決定されても前週の下げですでに織り込んでおり、むしろ材料出尽くしとなって上昇するという見方が多く、そうであればFOMC後はどちらにしろ上昇する可能性が高く、問題はその上昇が上値を追っていくような上昇になるかどうかとしました。そして、先送りになれば目先下げた分を取り戻す動きとなってもそれ以上の上値追いは限定的としました。

しかし、バーナンキ議長の予想外の発言を伴ったQE3縮小実施が、想定していたような目先の悪材料としてではなく、好材料となったことでNYダウは約3週間ぶりの史上最高値更新となり、19日(木)の日経平均は△271の15859円となって終値ベースで年初来高値となり、柴田罫線でも再び買転換の状態に戻りました。バーナンキ発言の内容は、大まかに以下のようなものです。

①1月から現状の850億ドルの資産買い入れ額を100億ドル縮小することで、スタートを少なくし徐々に増やす方法で市場にショックを与えない方法をとった。

②失業率が目標の6.5%を下回っても、インフレ率が2%を達成しない限り超低金利政策を維持すると表明し、市場に安心感を与えた。

③縮小は開始するが、景気が悪くなればQE3の規模を戻し、さらなる買い入れを行っても景気を維持させると表明した。

<今年もあと5営業日で、16000円の大台にのせて年末を終えるかどうか>
 先週末のアメリカ市場では、7~9月期のGDP確定値が前期比年率△4.1%と改定値の△3.6%から大幅上昇修正されたことでNYダウは16287ドルまであり、△42の16221ドルと史上最高値更新となりました。シカゴの日経225先物は15915円となっており、16000円が視野に入りました。さらに日本市場が休日の昨日のアメリカでは、先週のFOMCの結果や7~9月期GDPの上方修正を好感した流れが継続しクリスマスラリーの期待もあって△73の16294ドルと史上最高値を更新し続けています。シカゴ先物は16045円と16000円の大台のせとなりました。
 
連休明けの日本市場は、シカゴの先物が16000円にのせていたことや、寄り付き後為替が円安基調の動きとなったことで、△85の15955円で寄り付くと10時過ぎには16029円まで上昇し、前引けは△124の15995円となりました。16000円台回復は2007年12月11日以来約6年ぶりとなります。しかし、後場に入ると上げ幅を縮小し、結局△18の15889円で引けました。ただし、今日の日経平均の上昇はこれまでと同じように先物買い(ファーストリテイリング、ファナック、KDDIなど)が継続して裁定買いを誘って日経平均が上昇している状況であり、トピックスはマイナスに転じるなど片寄った上昇となっています。騰落数は上昇銘柄367に対して下降銘柄1275となっており、全体的な上昇に発展していません。
今週はクリスマス休暇で参加者は限られるため、25日(水)までは個人投資家主体の中小型株相場の可能性があります。25日(水)には証券優遇税制の廃止に伴う「節税対策」の売りも終了すると同時に、それ以降は来年1月からのNISAに絡んだ買いも入ってくるため、個人投資家の買い需要が高まります。又、外国人投資家も12月第2週まで7週連続の買い越しですので、クリスマス休暇を終えた外国人買いの期待もあり、年末高で終える可能性があります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 来年はリスクを内包したアベノミクス相場の第2幕の展開へ