S&P 500 月例レポート

S&P 500®

11月は年初来で26.62%のプラス、歴史的に見ても74%の確率で上昇する12月も賭けをそのまま続けよう、というのが投資家の心情

11月は記憶に残る月となりました。市場は引き続き上昇(2.80%)し、年初来の上昇に貢献しました。S&P500は年初来ベースで26.62%のプラス、配当を含めた場合は29.12%のプラスとなり、1997年以来最高のパフォーマンスを示しています。この上昇のおかげで新年のお祝いムードも上昇中ですが、盛り上がりは主に米国やその他先進国にとどまっています。先進国市場が年初来で22.12%上昇する一方、新興国市場は3.09%の下落となりました。米国市場は幅広く上昇し、11月の値上がりと値下がりの比率は2対1(年初来ベースでは約9対1)となりました。高騰するハイテク株が市場を押し上げたものの、値下がり銘柄が値上がり銘柄を上回った1990年代後半の市場とは異なります。幅広い反発、そして幅広い参加が投資意欲の証であり、その意欲自体がさらなる意欲を生みつつあります。米国市場は今年、終値ベースの史上最高値を38回更新しており、11月だけでも5回更新しています。最近の8週連続上昇は、9週連続で上昇した2004年1月以来の出来事です(最高記録は1957年4月に達成した13週連続上昇)。様子見していた投資家の一部がリターンを追うために市場に戻るなか、最近の市場の上昇はリスクと報酬のトレードオフに変化をもたらしつつあります。VIX指数の終値が13.70と低水準だったことからも分かるように、市場に既に参加している投資家たちの不安は少ないようでした。年初来ベースで26.6%と心地よい上昇を遂げ、12月は歴史的に見ても74%の確率で上昇することから、投資家の間では「そのまま賭けを続けよう」という意識が生まれ、今のところ利食い売りもほとんどありません。市場の下支え要因もいくつかあります。第3四半期の業績は引き続き緩やかかつ安定したペースで増加し、過去最高を再び更新しました。雇用の改善は経済を支えるには十分でありながら、米連邦準備制度理事会(FRB)の新たな動きを促すには不十分です。FRBが(次期議長イエレン氏の指揮のもと)景気刺激策の縮小を間もなく開始する見通しではあるものの、金融緩和は続くとみられています。

そして、11月に劇的な出来事が全くなかったわけではありません。米政府の新医療保険制度の開始は、新商品発売の悪い例の典型となってしまいました。米政府は問題の解決を約束し、医療保険改革法の一部は施行延期となっています。それでもヘルスケア関連株は影響を受けず、11月は4.49%上昇(年初来で37.99%上昇)し、最も良好なパフォーマンスを上げたセクターとなりました。第3四半期の国内総生産(GDP)成長率は2.8%を記録し、事前予想の2.0%を上回りました。金利はやや上昇し、原油価格は下落(ホリデーシーズンにちょうど間に合うタイミングで消費者の懐を温めました)し、金は下落しました。特に、米議会がそれなりに行儀よかったことが市場の下支えになったと言えるでしょう。

hyo1

hyo2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート