相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3946)トーモク
 四季報2013年秋号によると、収益柱の段ボールは清涼飲料水メーカーの生産前倒しを受け期初に大量出荷、猛暑で夏場も高水準。通販向けも伸長。住宅は消費増税前の駆け込み需要を下期主体に享受、販促費用も前期で一段落。営業益は急回復。2期ぶり最高純益更新。
10月31日の決算発表では、7~9月期経常益は84%増の25億円。14年3月期は、段ボール箱は飲食料品向け好調。燃料高こなし経常増益。
2011年3月7日の278円を高値に3月11日の東日本大震災を受けて3月15日の160円まで急落。その後三角保ち合い(A)を形成し、この中で2012年9月12日の199円を安値に11月2日に230円で買転換が出現して三角保ち合い(A)を上放れし、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて今年の5月21日には340円まで上昇しました。ここを当面のピークにして6月7日の275円まで下がり、反発後8月28日に275円とダブル底をつけ、再上昇となって10月11日に307円で買転換出現となり、直角三角形の保ち合い(B)を上放れる形となりました。

3946トーモク

(3382)セブン&アイ・ホールディングス
 四季報2013年秋号によると、金融好調、PB衣料伸びGMS底入れ。コンビニ純増1150(前期1067)、粗利よいコーヒーが牽引し既存店成長続く。償却法変更で248億円上乗せ。営業益躍進。最高純益を連続更新。増配。
10月3日の決算発表では、従来通り好調。
電子マネー「ナナコ」のグループ外展開を加速。コンビニから百貨店までグループすべておよそ300万商品をネットで販売。
2011年3月15日の1879円を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で今年の2月27日の2639円を安値に3月6日に2956円で買転換となって上昇トレンド(A)を上に抜け、急騰となって5月15日には4115円まで上昇しました。ここを当面のピークに6月7日の3185円まで下落し、三角保ち合い(C)へ移行となりました。この三角保ち合いが煮詰まってきたところで11月8日の3500円を安値に反発となり、11月15日に3750円で三角保ち合いの上放れとなりました。チャートの形や業績からみると押し目買いの形といえます。

3382セブン&アイ・ホールディングス

(3341)日本調剤
 四季報2013年秋号によると、出店は前期60を若干超過。既存店は不採算店リストラ効く。薬剤師派遣も貢献。営業益は急改善。ただ4月子会社化の後発薬メーカーが利益僅少、システム改修費やのれん等かさみ、会社計画の増益幅はやや過大感。純益は過年度税負担消える。
10月31日の決算発表では、7~9月期経常益は3.0倍の11億円。14年3月期は既存店の堅調や後発薬製造が好調で経常増益。
2012年5月7日の3270円を高値にもみあい、7月3日の3100円の戻り高値から下降トレンド(A)を形成しました。この中で10月3日の1952円、11月29日の2000円と2点底をつけたあと、アベノミクス相場にサポートされて5月2日には3470円となって、2012年5月7日の3270円を突破しました。ここを当面のピークにしてもみあったあと4月2日の2390円まで下落し、その後三角保ち合い(B)を形成しています。現在は、この三角保ち合いの煮詰まってきたところで、8月28日の2590円、10月7日の2587円とダブル底の形となって反発し、上放れ寸前にあります。

3341日本調剤

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!