JPX日経インデックス400導入が意味するところ

JPX日経インデックス400は、これまでテクニカルに選ばれただけのインデックスに、ファンダメンタルズの要素を加味したものだ。

個人投資家がこれだけのファンダメンタルズを自分で調べるのは困難かつ、徒労に近い。となれば、採用銘柄リストを手元に置き、買いたい銘柄の最終チェックに使ってもいい。特に、2やJ、Mといった印のついた銘柄はGPIFの動きとは関係なしに、改めて外国人にアピールすることになる銘柄かと思う。

・JPX日経インデックス400導入の狙い

東証のホームページによれば、JPX日経インデックス400導入の狙いは「資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、投資者にとって投資魅力の高い会社で構成される新しい株価指数の創生」とある。「これにより、日本企業の魅力を内外にアピールするとともに、その持続的な企業価値向上を促し、株式市場の活性化を図る」と出ている。

日経平均は、もともと東証一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い上位225銘柄を選んだものだ。倒産や吸収合併で消滅した銘柄があれば補充し、流動性の定義を「売買高」から「売買代金」に変更したり、業種区分のバランスを変えることなどで、常に時代に即した日本の株式市場を代表する225の銘柄群とされてきた。

一方のTOPIXは東証1部上場の全銘柄が対象だ。

しかし、近年1部以外の市場に時価総額が極めて大きな銘柄が出てきたことで、どちらも日本株を代表している銘柄群だとは言い難くなってきた。また、両者ともに上場基準さえ満たしていれば、財務や業績には無頓着だ。つまり、これらは日本の株式を「概ね」代表する「玉石混交の」銘柄群だといえる。

日本の年金などの機関投資家は、これまでTOPIXの値動きを参考した銘柄を組み入れてきた。国内株式のインデックスファンドは、日経225連動型と、TOPIX連動型に大別されているが、どちらもインデックスに連動するようにテクニカルに銘柄を選ぶだけで、ファンダメンタルズはほぼ無視、赤字会社も組み入れてきた。

それはそれで何の問題もないことは、日経平均、TOPIX、及び両者に連動するファンドが継続されることでも明らかだ。

・ベター・パフォーマンス

しかし玉石混交より、玉だけを選りすぐった方がより効率的に輝くかもしれない。私自身が株式のヘッジファンドを運用していた頃は、値動きと流動性のみを注視していた。「良い株が値上がるのではない。値上がる株が良い株だ」とした著書まで書いている。とはいえ、同じような値動き、同じような流動性の銘柄では、ファンダメンタルズの良い方を迷わずに選択した。

日経225連動型やTOPIX連動型のように、ファンダメンタルズをほぼ無視することは、うまく行けばいいが、そうでなければかえってストレスとなる。そこで、アクティブなファンドマネージャーたちが多少は考慮したいファンダメンタルズを加味し、400銘柄に絞り込めば、インデックスを超えるパフォーマンスを上げるのではないかとテストしてみたというのが、私などが推測するところだ。

バックテストでは、2006年8月末から2013年8月末にかけて、TOPIXをほぼ一貫してアウトパフォームし、累積超過リターンは6%を超えた。

図
参照:過年度遡及値グラフ等
http://www.tse.or.jp/market/topix/b7gje6000003yz26-att/b7gje6000003yzuf.pdf

そこで、日経平均の日本経済新聞社と、TOPIXの日本取引所グループが合同で、投資家、ファンドマネージャーによりアピールする新しいインデックスを導入する運びとなったかと思う。ちなみに、2112年8月末から2013年8月末にかけての急上昇時にJPX日経400とTOPIXのパフォーマンスが逆転しているのは、ファンダメンタルズに関係なく、何でも買われたことを意味している。金融相場は、別名、不況の株高とも言われている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> JPX日経インデックス400導入が意味するところ