先週の三角保ち合いの上放れはアベノミクス相場第2幕のスタート

先週の三角保ち合いの上放れはアベノミクス相場第2幕のスタート
・・・当面は16000円目標で、塩漬け株解消のチャンス・・・

<先週は戻りを試しても上値は限定的としたが、先物主導の予想外の急騰>
 先週は、大方の見方として、需給関係から今月下旬に5月の高値の信用期日を控えヘッジファンドの決算日でもあり、ドイツ・アメリカは史上最高値を更新して高値警戒感もあり、上値は重いというものであり、私も同じ見方で本格的な12月に入ってからとみていました。その前に14000円を一時的にでも切るような場面があることを期待していましたが、先物主導の買い仕掛けが続き、現物株も追随して市場ボリュームも膨れ予想外の急騰となって、1週間で1079円(7.66%)の上げ幅となりました。

目先は、小さな三角保ち合いの中で14000~14400円の狭いボックスの動きとなっており、どちらに抜けるか注目としていました。結果的に、11月12日(火)にNYダウの史上最高値更新と為替の99円台の円安を受けて、先物主導で△318の14588円と小さな三角保ち合いを上に抜けました。この時点では市場ボリュームもそれほど増加していませんでしたので、大きな三角保ち合いの上放れには9月27日の14817円を突破する必要があるとし、出来高・売買代金を伴ってこないと難しいかもしれないというメッセージを13日(水)に出しました。

しかし、13日(水)のアメリカ市場で、翌日に予定されているイエレン氏の証言内容が事前に配布され、その中で金融緩和政策の継続が示されていたことでNYダウは再び史上最高値を更新し、14日(木)の日本市場は先物主導で上げ幅を拡大し、今度は現物も追随して出来高・売買高も増加して△309の14876円となりました。引け後のアメリカ市場では、イエレン氏が「資産バブルの徴候はみられない」「金融緩和をやめるべきでない」と言明したことで、NYダウは連日の史上最高値更新となり、為替は金利低下にもかかわらず量的緩和の縮小による世界的株高に重点を置いてリスク・オフのドル買いとなり、円は100円台まで円安が進みました。週末の15日(金)はさらに先物主導で上げ幅を拡大し、△289の15165円と5月22日以来の15000円台を回復しました。

<チャートからは、当面は5月23日の高値15942円を目指す!>
 今週は、主要企業の2013年4~9月期決算発表が一巡し国内では材料不足となるものの、イエレン次期FRB議長による金融政策継続の言明から長期化が期待され世界的な株高となっていることで、まず5月22日につけた終値ベースでの年初来高値15627円を視野に高値圏での動きが想定されます。

 ただ、上昇の仕方が先物主導で買い仕掛けを利用し、カラ売りの踏み上げなども誘って上昇してきただけに、さらに上昇が続けば為替などの動向次第で短期的な調整の可能性もあります。225先物への集中的な買いのためNT倍率が急伸し、トピックスが出遅れているという歪な動きとなっています。特に指数への影響が大きい主力大型銘柄(ソフトバンク、ファーストリテイリング、KDDIなど)が買われ、日経平均の指数をけん引する形となっています。5月23日にピークをつけた時の現象と似てきています。例えば、5月22日は日経平均は△246円でしたが、このうちファーストリテイリングのみで△114円の上昇となっており、この翌日に日経平均は戦後11番目の急落となりました。今回はまだ上放れしたばかりですから、短期的な調整は絶好の押し目買いとなりますが、下げの後は物色が変わって、直前に買った銘柄が目先高値づかみとなる可能性がありますので、上昇中の株を買うのはリスクがあります。ここで一服して15000円台の値固めができれば16000円水準への上昇の確率は高まります。というのは、先週の上昇は為替が1ドル=100円を超す円安となったにもかかわらず、トヨタなどの輸出関連株の上昇はそれほどでなく、アベノミクス相場のスタート時に上昇した銀行、証券、不動産の内需株中心の上昇でしたので、次は輸出関連株の上昇となる可能性もあります。

 今週いっぱいで5月の高値の信用期日も通過し、処分売りも一巡し上値圧力は弱まってきます。昨年の11月13日の8619円から今年の5月23日の15942円まで半年間で約85%上昇し、6月13日の12415円まで急落後、先週上放れするまで5ヶ月以上の調整期間を経ての上昇ですので、アベノミクス相場第2幕のスタートといってもよいでしょう。ただし、当面は5月23日の15942円が上値目標となりますので、それまでの間に高値づかみしていた保有株はいったん手仕舞いが基本といえます。今回の戻りのあとの大きな調整が起これば買って、更なる上昇を待つパターンとなります。

 本日18日(月)は、イエレン次期FRB議長の発言内容から量的緩和策の長期化が期待され、世界的な流動性相場継続期待からリスク志向が高まっており、△87の15253円で寄り付きました。しかし、△107の15273円の高値をつけた後は為替がやや円高に振れたことでマイナス圏に転じ、▼1の15164円で引けました。出来高・売買代金も減少していますので、目先は15000円水準の値固めが続けば、先週の急騰での過熱感が冷やされ、さらに上昇しやすくなるといえます。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 先週の三角保ち合いの上放れはアベノミクス相場第2幕のスタート