世界的株高から戻りを試す動き。但し、上値は重い

世界的株高から戻りを試す動き。但し、上値は重い
・・・全体相場より業績相場の流れへ・・・

<16日に暫定合意が成立。17日に7連騰となって材料出尽くし>
 先週は、17日(木)の期限までにアメリカの財政協議で暫定合意ができるかに注目としました。交渉がもつれれば、アメリカ株安、ドル安となって日経平均も売られる可能性があるが、交渉がうまくいえば日経平均は戻り蛾続くことになるとしました。
連休明けの15日(火)は、アメリカでの与野党の協議に進展がみられたことで△36の14441円と5日続伸スタートとなりました。17日(木)までに合意ができれば、15日に召集される臨時国会(成長戦略実行国会)と今月の後半の週からの上方修正期待の高い決算発表が始まるので、多少の微調整を交えて、まずは9月27日の高値14817円を目指すことになるとしました。

結局、16日(水)の夜遅く、上院の超党派による暫定案(債務上限引き上げを来年の2月7日、連邦債務の歳出を1月15日まで認める)を下院も認めたことで合意が成立し、17日(木)のアメリカ株式は、ナスダックは年初来高値を更新し、NYダウは△205の15373ドルの大幅高となりました。日経平均もこの日は14664円まで上昇して△119の14586円と7日連騰となりましたが、既にアメリカのデフォルト回避に向けた暫定合意を織り込む動きが続いていたことで、目先は材料出尽くしとなり、18日(金)は▼24の14561円と8日ぶりの小反落で引けました。日本市場の引け後のアメリカ市場は、インターネット大手グーグルの好決算をきっかけにハイテク株が大幅高となり、S&Pは連日の史上最高値更新となりました。

<本格決算期待を前に、戻りを試す動き>
 アメリカの財政問題が暫定合意できたことで、年内については金融市場の混乱は回避されましたが、あくまでも債務上限引き上げについては来年の2月7日まで、連邦債務の歳出は1月15日までの猶予であり、それまでに財政問題の進展がなければ、再び国債のデフォルト懸念が生じてきます。ねじれ国会という政治の主導権を争う状況にありますので、想定外のことが起こる可能性を念頭においておく必要があります。

 今週は、先週末の18日(金)には、フランス、ドイツ、韓国の株式市場が金融緩和の継続期待から次々と年初来高値を更新してきたことで、日経平均も戻りを試す展開が続きそうです。但し、日経平均は為替とNYダウの動きに左右されますので、QE3の規模縮小が先送りの見方の中でアメリカの金利が低下し、日米金利差の縮小から円安に向かいにくので、日経平均が上値をどんどん追っていく形にはなりにくいと思われます。そのため、全体相場の方向性というより、決算シーズンを迎えて、例年通りの業績相場に移行すると考えた方がよいでしょう。又、アメリカの財政協議への不安から日経平均は東京オリンピック開催決定前の水準まで調整し、オリンピック関連銘柄が調整していましたが、改めて成長戦略の中で首都圏のインフラや関連銘柄は出直しとなるタイミングといえます。

 今週は、2013年9月中間期(4~9月)の決算発表本格化を控え動きづらいところですが、好業績期待を背景に9月27日の14817円、次いで7月19日の14953円を試す展開となりそうです。アメリカ株式ではNYダウのみが年初来高値を更新しておらず、日経平均もある程度連動することを考えると、NYダウが9月18日の15709ドルを突破できれば日経平均も14953円を突破できることになるかもしれません。但し、その場合は売買代金が安定して2兆円を超えなければ難しいといえます。14953円を超えたとしても、11月下旬に5月の高値期日が到来しますので、このときの異常な出来高、売買代金を考えると戻り売りとなって上値は重くなるといえます。上述したように好業績が物色されたり、出遅れの中低位銘柄が買われる展開となる可能性があります。

 本日(10月21日)は、外部環境の良さと業績上方修正期待から、前場は△62の14624円と反発して始まり、先物主導で△166の14724円をつけました。後場になると、一時本日の寄り付き水準まで上昇幅を縮小する場面がありましたが、押し目買いが入って△132の14693円で引けました。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 世界的株高から戻りを試す動き。但し、上値は重い