世界経済の変化と投資スタイルの変化

ここ最近、世界的に経済の動きが非常に不安定になっています。

日本が高度成長期の時代であれば、とりあえず株を買って持っておけば、猿でも儲かるような時代でした。このような右肩上がりの経済においては、株式市場はそれほど難しいものではなく、単純な長期保有の投資目的で成立していました。

ところが、2000年代に入って、日本経済はバブル崩壊と共に、経済そのものが停滞する場面を迎えます。これまでに培ってきた長期保有という株式投資の手法では、明らかに利益を挙げるのが難しくなっています。

日本経済が、今後も右肩上がりで上昇していくようであれば、今までの長期投資も通用したかもしれませんが、今後は長期保有での投資は、企業そものをしっかり見つめていかないと難しくなるでしょう。

日本そのものは、
・人口の減少、少子高齢化、労働人口の減少
・日本政府が抱える借金の増加
という大きな2つの爆弾を抱えており、非常に苦しい局面を迎えています。

特に人口の減少(労働人口の減少)という要因は非常に大きく、日本の国力が大きく削がれる要因になっています。働く人が減れば、日本で生み出される全体の価値が減ってしまう為、徐々に日本の経済も衰退してしまうでしょう。

そして、日本政府が抱える借金も増える一方になっており、消費税増税が常に議論されていますが、国民の可処分所得が下がっていく事で、更に経済に負の連鎖が起こる可能性があります。

結局のところ、今までの長期保有での株式投資は、全体の環境から見ても難しくなっており、投資手法そのものを見直す必要が出てきます。基本的に「買う」事で利益を挙げることは、難しくなっていくことでしょう。全体のトレンドが右肩下がりなのであれば、これは仕方のないことです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 世界経済の変化と投資スタイルの変化