相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7731)ニコン

 四季報2013年夏号によると、小型デジカメは市場縮小で弱い。ただ露光装置は大型液晶用が中国向けなど増加。半導体用も低単価品中心に伸長。一眼レフは台数追わず採算向上。円安好影響。研究開発費増こなし営業益反発。増配。
 8月8日の決算発表で、2014年3月期の連結純利益が前期比18%増の500億円の予想とし、従来予想を150億円引き下げた。コンパクトカメラ市場が想定以上のペースで縮小しており、円安による輸出採算向上で増益は維持するが、欧米や中国市場の先行きに不透明感が生じる。年間配当予想も前期より1円多い32円と、従来の予想を9円減額
2011年3月15日の東日本大震災直後の安値1409円を基点に三角保ち合い(A)を形成し、上放れしたあと2012年7月6日の2597円まで上昇しました。ここから11月14日の1786円まで下落後上昇トレンド(B)へ移行し、今年の5月23日に2971円の高値をつけて日経平均の急落につれ安し、6月3日に2589円で売転換出現となりました。その後、期待からの買われ過ぎで調整しているところに8月8日に下方修正発表となって急落し、8月12日に1666円まで下落してもみあっているところです。PERからみると、買っていい水準まで下げてきています。柴田罫線の関門観測でも1600円水準は下値抵抗ラインとなるところですので、最大で1500円までの下げ(日経平均が下放れした場合)をみておくとよいでしょう。

(7735)大日本スクリーン製造

 四季報2013年夏号によると、半導体装置はPC関連など停滞。ただ液晶装置は大型用・中小型用とも中国向けが拡大。デジタル印刷機には新製品投入が寄与。構造改革効果も大。円安も追い風で、1ドル90円前提の会社想定は慎重。営業黒字浮上。税負担減る。復配3円。
 8月9日発表の2013年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比17%減の16億円となった。主力とする半導体製造装置が落ち込んだ。ただし、2014年3月期通期は売上高見通しを前期比6%増の2110億円に上方修正したが、最終損益は40億円の黒字転換と従来予想を据え置いた。
2012年3月19日の787円を高値に急激な円高を受けて急落となり、10月4日には361円まで下落しました。この361円を安値に緩やかに下値を切り上げる上昇(A)となっており、この中で今年4月2日の410円の安値から大幅上昇となり、5月23日に675円まで上昇しました。ここから日経平均の急落と円高へのブレを嫌気して6月21日の484円まで下落するものの、すぐに反発となって7月18日には614円まで上昇し、その後は三角保ち合いを形成する動きとなっていました。ところが、8月9日の決算発表で、4~6月期の連結決算で純利益が落ち込んだことから急落となって三角保ち合いを下放れしました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!