相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7999)MUTOHホールディングス

 四季報2013年夏号によると、CAD事業など情報サービス堅調。主力の大判IJプリンタは国内や欧州向けなお低迷でも、米国向け拡大。新製品の投入も奏功。外注費軽減で粗利率も改善し、営業利益上向く。為替差益見込まず。
 5月14日(終値333円)に当社オフィス出島の有料コースで研究銘柄として推奨しました。255円を終値で切るといったん損切り前提に、270~280円を待って買い、短期の利食いを330~350円、中期では350~400円としました。しかし、そのまま続伸すれば350~380円というところまでですので見送りともしました。
結局、翌日の5月15日に370円まであって大商いとなり、ここを目先のピークに6月7日の245円まで下落しました。しかし、業績の上方修正期待から急騰となり、7月11日に561円の高値となりました。ここから日経平均の大幅下落につれ安して下落し、6月7日の245円から7月11日の561円までの上げ幅の1/2押し(403円)を少し切るところで7月29日の382円、8月1日の383円とダブル底をつけ、8月2日に419円で買転換出現となっています。

(8473)SBIホールディングス

 四季報2013年夏号によると、ネット証券が絶好調。アセットマネジメント良好、海外案件で為替差益も。住宅ローン残高が着実増。損保は黒字化が射程圏に。韓国のモーゲージも順調。バイオ関連織り込まず営業益著増。増配濃厚。
 2012年6月4日の472円、9月6日の456円を2点底に、三角保ち合い(A)を形成していました。煮詰まったあと上放れし、11月5日の671円まで上昇、11月9日に566円の押し目を入れたところでアベノミクス相場のスタートとなり、当初は緩やかな上昇トレンド(B)へ移行しました。この上昇トレンド(B)の中で、2013年4月4日に758円の安値をつけて4月8日に888円で再度の買転換が出現し、業績の上方修正を受けて急騰、4月24日には1990円まで上昇しました。その後高値圏でもみあい、5月10日に1712円で売転換が出現し、6月3日に1160円まで下落。ここから反発するも三角保ち合い(C)を形成して下放れとなり、6月27日の943円で当面の底打ちとなりました。7月8日に1374円まで戻しましたが再下落となり、7月29日に1015円まで下げて反発し、8月2日に1144円で買転換出現となりました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!