今週は、下値模索の展開へ

今週は、下値模索の展開へ
・・・経済指標の発表多く様子見が基本だが、上方修正銘柄の押し目買いは可・・・

<先週は、週前半戻りを試すものの、結局は週後半下落となり短期調整へ>
先週は、さらに戻りを試すのか、それとも短期調整入りとなるのか様子見とし、すでに「ねじれ国会解消」を織り込み、さらに今月末から本格化する決算もある程度織り込んで上昇していることで、このまま上昇するのは難しいとし、調整がほしいところとしました。

週初めは、「ねじれ国会解消」による安倍首相の長期安定政権への期待とソフトバンクの上昇が相場をけん引し、23日(火)は△120の14778円となりました。しかし出来高は膨らまず、上値追いとはならず、24日(水)は▼47の14731円と反落し、出来高は今年最低の21.1億円でした。25日(木)になると、キャノンの決算が予想を下回り、今後の決算に警戒感が広がって▼168の14562円となりました。週末の26日(金)は、アメリカの量的緩和の縮小時期が遅れるとの見方からドルが売られて1ドル=98円台の急激な円高となったことで日本市場は全面安となり、▼432の14129円の大幅下落となりました。

<投資は確率で考えることの重要性を再度実証>
 結局は、一番期待していた値幅調整となってきましたが、当然の流れといえます。すでに投資は確率で考えていくべきだとし、今回は「選挙前に利益確定を優先して次の大きな下げを待つ」としました。5月15日(水)に「山高ければ谷深し」というメッセージで急落が起こることを予測し、5月23日(木)に15942円の高値をつけて反落となり、▼1143の14483円と戦後11番目の急落となって、6月5日(水)には、13000円水準以下では買っていくとし、6月13日(木)の12415円まで下げました。
 その後しばらくもみあったあと、6月27日(木)に△379の13213円と急反発し、4日連続の大幅上昇となって、7月2日(火)には△246の14098円と14000円台を回復しました。すでにテクニカル的に過熱感も出ており、7月21日(日)の参議院選挙に向かって上昇すれば、材料出尽くしとなる可能性があり、選挙日前後までには利益をとれるものは利益確定優先としてきました。16日(火)のメッセージでは、「今週いっぱいで手仕舞いしなければいけないのか」ということについてコメントしました。結局、19日(金)に14913円の高値をつけましたが、短期で下げ幅の70%を戻し、騰落レシオは120%を超える過熱感、25日移動平均乖離率は約8%と過熱感、さらに出来高が減少しており、先物主導で大きく下にブレやすい状況などを考えると、確率的に上に行くより、下に行く方が可能性が高いと判断できました。先週末26日(金)の▼432の14129円の急落は、突然の出来事ではありません。

<今週は下値模索だが、上方修正銘柄は押し目買いも可>
 今週は、円高進行とキャノンを始めとする主要企業の予想を下回る決算を嫌気し、下値模索の展開となってきました。主要企業の決算発表もピークを迎えることで、個別企業の業績を見極めようとする動きで手控えムードとなり、さらに7月30日(火)~31日(水)のFOMCの量的緩和の縮小時期への示唆や8月2日(金)の7月雇用統計を控えて様子見となることから悪材料が出ると買い支え乏しく、下値を模索となるパターンといえます。自民党勝利による安倍安定政権への評価はあるものの、外国人買いは思ったより膨らんでいない状況です。

 週明けの29日(月)は、為替が1ドル=97円台の円高となり、さらに先週のキャノンを始めとした主要企業の予想を下回る決算から▼230の13899円の大幅安で寄り付き、先物主導で裁定解消売りを誘い、投げ売りも出て▼468の13661円の安値引けとなりました。
 チャートの下値のフシをみると、25日移動平均線(29日時点14134円)、75日移動平均線(29日時点13923円)をあっさり割り込み、6月13日の12415円から7月19日の14953円までの上昇幅の1/2押し(13684円)水準まで下げました。次の下値ポイントは、柴田罫線では13500円水準となり、その下は26週移動平均線(13233円)と2/3押し(13261円)があり、ここまで下げると三角保ち合いの中の下値サポートラインに到達しますので、大きく反発することになります。
 どこまで下がるのか、いつ反転するのかはわかりませんが、確率で考えると、現水準(13661円)からは13300円水準まで下があるのを想定し、業績の上方修正銘柄の押し目買いはリスクが少ないと思われます。
 目先は自律反発も考えられますが、来週の9日(金)はSQ日ですので、本格的に反発に転じるとすれば、SQ日前後からとなるかもしれません。

【◎確率で投資売買を考えるためには、どうすればよいかという実践術(私の過去10年間のリスク限定の投資法の集約)を理論づけした17冊目の新刊『シンプルに儲ける50代からの株式投資』を8月中旬頃出版予定です。】

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、下値模索の展開へ