S&P 500 月例レポート

S&P 500®

2013年前半のマーケットは
米株と日本株の好調を背景に楽観を維持

夜明け前が一番暗いと言います。2012年末の暗闇がまさにそれでした。米国は財政の崖っぷちに立ち、増税と歳出削減に直面し、 米議会がすることなすこと全てが正しくないという考えがほぼ共通の認識となっていました。ところが、大みそかのシャンパンを取り出す頃になって議会の合意が成立し、米国の投資家は世界の終わりが来なかったことを祝福しました。投資家はシャンパンを注ぐと共に買い注文を入れ、2013年の年明けの米株式市場は2.54%と幅広く上昇し、前年の最大の上昇率を上回りました(この上げ幅は、依然として2.98%の上昇率を記録した2011年12月20日以来最大となっています)。それでも十分でなければ(我々は欲深い資本家ではありませんが)、ご存知の通り「1月良ければその年良好」と言われていますが(過去84年中61年、または72.6%はその通りとなっています)、今年1月は堅調な雇用統計に支えられて好調が続き5.04%上昇しました。それ以降市場を支配したテーマは「買い」でした。2012年は株式市場から離れ、見返りが低い商品に投資していた投資家(13.41%の株価上昇、16.00%のトータルリターンを見逃した)がリターンを追いかけました。米株式への資金流入が何週にもわたって続き、記録的な水準に達することもありました。投資家が市場に戻り始めたのは、市場が過小評価されているという理由からではなく、市場(とその回復)に取り残されていると感じ始めたからでした。歳出強制削減などの試練は一部に影響を及ぼしたものの、全体へは影響を与えず、経済への強い下方圧力となることもありませんでした。住宅販売(価格、建築許可、着工など)、富(株式)、雇用(従業者の増加と失業者の低下)を尺度とする経済データは直線的にでも、急ピッチでもないものの、全て良い方向へと向かいました。米国(と日本)が株式市場のけん引役となり、誰もが市場に参加したがっているような時期が幾度とありました。先進国が2013年前半に7.10%上昇したのに対し、新興国は引き続き下落し、9.03%の下落を記録しました。ただし、新興国の上昇は米国(12.99%の上昇)と日本(14.74%の上昇。S&Pグローバル総合指数の中でも最高のパフォーマンス)の堅調なパフォーマンスによるものでした。2国を除いた場合、先進国は2.13%の下落となりました。海外では追加刺激策が話題になったのに対し、米国では連邦準備制度理事会(FRB)がいつ刺激策を中止し、過去最低水準にあった金利を引き上げるのかが話題となりました。2013年前半の終わりには米市場の注目は米国内に集中しました。欧州、アジア、その他海外の影響も受けたものの、国内経済の影響が圧倒的でした。企業決算のシーズンが始まろうとする中、2013年後半も引き続き米国が焦点となり、市場お気に入りのFRB推測ゲームは二の次となるでしょう。そして決算発表がほとんど(85%)終わった8月半ばまでには、FRBウォッチングが再び注目の的となるでしょう(その他重要な国内または国際問題がない限り)。経済(住宅、雇用、製造)がうまくいけばFRBは10月29-30日または12月17-18日の会合で資産買い入れ縮小計画を発表し、利上げ開始の扉が開かれるかもしれない、というのが現在の考えです。さらには、経済の好調が続けば、今後9カ月以内に買い入れが縮小されるというのが今の考えです(仮の話ばかりです)。トレーダーや投資家たちは経済が利益を伸ばしながら(雇用や住宅価格の上昇を下支え)引き続き緩やかに改善するものの、FRBの年内の買い入れ縮小や利上げを促すほど堅調にならないことを願っています。低金利や刺激策は今や他の政府プログラム同様、排除されることのない給付金制度のように捉えられています。合理的に考えれば、FRBは経済が十分安定した時に買い入れを縮小するわけですが、精神的には、FRBが何かを奪っていくかのように投資家(や企業)には思えるようです。6月のFRB会合以降、この理性と感情の衝突が市場に反映され始めています。新たな主要データが発表されるたびにこれが繰り返され、市場の変動が増すでしょう。

表

表

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> S&P 500 月例レポート