日本版ISA=NISA(ニーサ)ついに14年1月から開始

~日本版ISA=NISA(ニーサ)とは~

 少額投資非課税制度(NISA)とは、証券会社や銀行などの金融機関で販売されている公募投資信託の配当や譲渡益などが非課税になる制度で、表1のように、非課税投資枠は毎年100万円で、売却などを行わない場合、5年間非課税の適用を受けられるので、株式の配当金などを受け取っても5年間非課税の恩恵を受けることができる。ただし配当金を受け取るとき(株式)は指定の証券会社で受け取らなくてはいけない。また5年間で最大500万円まで投資ができるが、一度売却を行うその分については再度非課税の適用を受けられない。
 
表1、NISAの概要

非課税対象 株式や投資信託などの値上がり益や配当金(分配金)
非課税投資枠 毎年100万円まで(翌年への繰り越しはできない)
期間 5年間(売却して非課税枠の再利用はできない)
投資総額 最大で500万円まで利用可
制度継続期間 2014年から2023年まで
(毎年100万円ずつ非課税の設定ができる)
資格者 20歳以上

 通常株式や外貨預金、FX、商品先物、投資信託などの金融商品の値上がり益や、配当金に対しては、20%の課税がかかる。しかし日本版ISA=NISAの制度を活用すれば税制上のメリットを受けることができ、非課税を受けることができる。

~NISAの投資可能対象先とは~

 日経新聞によれば、NISA口座で購入できるのは株式や公募型の株式投資信託など元本割れのある金融資産となっている。つまり、国債(日本の国債は非課税)や社債は対象外となっている。主に債権に投資を行う投信やバランス型の投信であっても、元本割れリスクがあるため、投資が可能となる。現在のところ、元本割れがない商品に対しては投資ができない。また不動産投資信託(REAT)や株価指数連動型上場投資信託(ETF)については購入可能となっている。

~NISAの投資の向き不向きについて~

 この制度は個人投資家で、新たに投資を始めたいと考えている人向けの制度と言えそうである。なぜなら、投資額が年間あたり100万円と比較的少額ではあるのと、配当金や売却益が出るときに非課税の枠が受けられるので始めて投資を始めようと考えている人にとって、良い機会だからである。ただし、一度売却を行うと再度非課税枠の設定を受けることができないので、注意が必要となる。
 一方ですでに株式などの投資を行なっている人やデイトレードを行っている人にとってはあまり魅力的ではないかもしれない。その理由は新たに口座を開設しなければいけないのに加えて、1日に何度も取引を行う人にとっては一度売却を行うと非課税枠を再利用できないので、そのような人にとっては魅力的ではないかもしれない。

図1、制度概要のイメージ

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 今月の特集> 日本版ISA=NISA(ニーサ)ついに14年1月から開始