相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4634)東洋インキSCホールディングス

 四季報2013年夏号によると、印刷インキ国内首位。柱のインキは媒体用、包装用ともに新興国向け中心に拡大。カラーフィルター等電子関連の高機能製品も続伸。価格改定効果も出る。ベルギー社買収による固定費増や石化系原料高しのぎ営業増益。
 5月24日に「14年1月をめどに勧告で液晶ディスプレイの発色に使う素材『カラーフィルターペースト』の生産を始める」と報道される。韓国大手との連携強化が好感されるが、日経平均の急落でつれ安。
中長期のチャートをみると、2009年3月3日の162円で底打ちとなり、2010年3月17日の430円まで上昇。その後三角保ち合い(B)を形成して上放れとなり、2011年3月9日に453円の高値をつけました。しかし、この直後の3月11日に東日本大震災が発生し、急落となったあとは下降トレンド(C)の形成となりました。この中で2012年6月4日に253円で底打ちとなり、もみあったあと11月1日に298円で買転換出現となり、アベノミクス相場の波にのって上昇トレンド(D)となり、今年の5月22日には513円まで上昇しました。ここをピークに日経平均につれ安するものの押し目は浅く、6月7日の414円、6月13日の418円と2点底をつけて反発し、6月19日に474円で買転換が出現しています。ここは押し目買い有利となります。

(8028)ファミリーマート

 四季報2013年夏号によると、地方都市や駅ナカなど店舗純増1150(前期608)と過去最高。既存店は新PBを日用品まで充実、シニアや女性客戻る。集中販促効き、高粗利の店内調理品が伸長。営業連続増益。有証売却益ない。
 2011年3月11日の東日本大震災直後の3月15日の2550円で底打ちとなり、中長期の上昇トレンド(A)となっています。この中で2012年8月28日の3905円、10月26日の3900円とダブル天井となって11月6日の3760円で売転換が出現し、11月16日の3420円まで押し目を入れるものの、ここからアベノミクス相場にのってダブル天井を突破したことで急騰となり、今年の4月9日には4795円まで上昇しました。ここから4月15日の3965円まで押し目を入れて再上昇するものの、5月21日に4705円の戻り高値をつけて一服していてたところで日経平均の急落となり、つれ安となっています。6月13日に3815円まで下げてこの水準でもみあい、三角保ち合い(C)を形成していましたが、6月21日に3995円で買転換が出現し、三角保ち合いを上放れる形となっています。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!