相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(8031)三井物産

 四季報2013年夏号によると、主柱の金属資源は石炭、鉄鉱石市況弱含むが既存権益拡張による数量増で補う。化学品、鉄鋼製品は前期の減損影響消え反発。円安進行し海外子会社の収益押し上げ、純利益底打つ。配当性向25%基準。
 2009年3月4日の800円の安値からの上昇トレンド(A)の中で、2010年4月12日に1665円でピークを打ち、ここから大幅調整となって7月6日の995円まで下落しました。その後、2011年2月17日の1558円まで戻すものの、ここを戻りの高値とし、995円を安値とする三角保ち合い(B)を形成していました。この三角保ち合いの煮詰まりつつある中で、2012年11月14日の1057円を安値にアベノミクス相場がスタートし、2013年3月12日に1463円の高値をつけ、いったん三角保ち合いを上放れしました。しかし、中国経済の成長鈍化を嫌気して4月4日に1205円まで売られましたが、その後の日経平均の急騰に合わせて買われ、5月22日には1627円まで上昇し、当面のピークをつけました。ここから日経平均の急落に合わせて下落し、5月30日に1313円で売転換が出現し、6月13日には1198円まで下げています。今期の業績、PBR等からみると、売られ過ぎとなっていますので、まずはリバウンド狙いとなります。

(4042)東ソー

 四季報2013年夏号によると、石化順調。機能商品に増産相次ぎ戦線拡大。クロル・アルカリは11年秋の事故影響解消。有機化成品とともに採算改善進む。償却減、円安恩恵もあり営業益復調。受取保険金縮小。為替差益見込まず。
 2009年2月20日の133円で底打ちとなり、6月1日の333円まで反発。ここから11月27日の198円まで下げて三角保ち合い(A)となり、上放れして2011年7月19日に354円の高値をつけました。その後下降トレンド(B)入りとなって下げ続け、2012年10月1日の147円と、2009年2月20日の133円に対してほぼ全値押しとなりました。しかし、アベノミクス相場のスタートと共に業績も急回復し、今年の5月23日には410円と8ヶ月で2.7倍化しました。5月23日に410円の長い上ヒゲを出して、日経平均の急落と共に下落し、2012年10月1日の147円から5月23日の410円までの1/2押し(279円)に近い289円まで6月7日に下げて反発し、6月17日に326円で買転換出現となって押し目買いの形です。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!