先週の想定通り、底打ちの可能性高く、まずは14000円を目指す動きへ

先週の想定通り、底打ちの可能性高く、まずは14000円を目指す動きへ
・・・但し、今週はメジャーSQを前に先物主導で大きな振れも・・・

<先週は、想定した13000円を守れず、一時12500円台まで下げて反発>
先週は、「どこまで下落し、いつ反発するのかを考えてみよう」というメッセージの中で、値幅調整と日柄調整を想定してみました。先週1週間の分析は、週末の7日(金)に詳しく書きましたので、ここではポイントだけを書きます。

~~~~値幅調整はほぼ完了~~~~
 中長期上昇トレンドでの本格調整は、1/3押し(13501円)から1/2押し(12281円)水準が普通ですが、基本は円安トレンドですので、多少の円高へのぶり返しでも輸出企業の為替レートは1ドル=90円程ですから、業績の上ブレが期待できるため、1/3押し水準を1つの目安としました。ただし、上にも行き過ぎがあるように下にも行き過ぎがあり、今回の株式相場の動きは、日経先物主導で裁定取引にからむ高速プログラムによる上下動となっており、1/2押し(12281円)水準を目指す動きになってもおかしくないとしました。

 結局、為替が日経平均の急落に合わせたような急激な円高(ドル売り)となったことで、日経平均も先物主導で下落が続き、6日(木)のアメリカ市場ではドルが急落し1ドル=95円までの円高となったことで、シカゴ日経先物は一時12290円と1/2押し水準にほぼ到達しました。ドルの急落は、QE3の規模縮小を見込んで、ドル買いのポジション解消が大きく膨らんでいたところに、直近の経済指標の予想を下回る結果にQE3の規模縮小の時期は遅れるとの見方が広がり、5月の雇用統計の発表を前に仕掛け的な売りから一気にドル買いのポジション解消が進んだことが原因だといわれています。これに安倍首相の成長戦略第2弾の期待ハズレが加わって円安が加速したということでしょう。

 週末の7日(金)は、以上の円安を受けて一時▼356の12548円まで下落しましたが、大引けにかけて一転プラスに転じて13106円まで上昇しましたが、終値は▼26の12877円でした。日足では長い下ヒゲを出した陰線となっていますので、底打ちの可能性もあります。

~~~~日柄調整はメジャーSQまで続くか~~~~
 日柄調整でいうと、5日(水)の安倍首相の成長戦略の発表と週末にはアメリカの5月の雇用統計があるので、どちらかで反発するきっかけも考えられますが、14日(金)はメジャーSQがあるため、ここまでは先物主導によって振り回され本格的に動きにくく、14日(金)のメジャーSQが分岐点になるかもしれないとしました。

 5日(水)の安倍首相の成長戦略の発表は、結果的にはこれまでほとんど報道されたものばかりでしたので、失望売りというより材料出尽くしとなって日経平均は上昇のキッカケにならず、逆に▼518の13014円の大幅安となりました。日経平均はこのまま下げて、7日(金)は12548円の安値をつけて終値は▼26の12877円となりました。しかし、引け後のアメリカ市場では、5月の雇用統計が予想より良くもなく悪くもないという予想の範囲に落ち着いたことで、NYダウは△207の15248ドルと続伸し、為替も1ドル=94円台まで売られたものの、97円台半ばまで買い戻され、シカゴ日経先物は△540の13220円となって引けました。このまま反発が続けば、アメリカの5月の雇用統計発表をきかっけに反発に転じたということになりますが、今週はメジャーSQですので、スムーズに上昇できるかどうか難しいところです。

<今週も週末にメジャーSQを控えて、先物主導の動きの可能性>
 日経平均は先週末の7日(金)に12548円まで下落して下ヒゲを出し、日足での陰線となってテクニカル的には12500~13000円のボトム圏の形成の動きとなっています。先週は、75日移動平均線が13000円台にあったことで、13000円を下値抵抗ラインに13000~13500円をボトム圏と想定しましたが、1ドル=94円台までの円高進行でボトムのレンジが一段下となりました。

 今週は、14日(金)にメジャーSQを控え、先物に振り回される場面もありそうです。そのきっかけの材料としては、10日(月)~11日(火)の金融政策決定会合で何か金融緩和策が出るのかどうか、14日(金)はメジャーSQですが、この日には成長戦略の閣議決定が行われるため、あたらめて買い直されるのか、材料出尽くしとなるのかなどがあり、海外ではアメリカの経済指標の結果を受けて、株、為替の動き、6月決算のヘッジファンドの動きが注目となります。

<13500円を上回れば14000円の戻りを試す動きへ…目標達成すれば利益確定も>
本日は、海外株高と1ドル=98円台への円安を受けて△264の13141円で寄り付き、後場は一段高となって△636の13514円で引けました。日経平均の上昇率(△4.9%)より、トピックスの上昇率(△5.2%)が上回っており、本日は先物に絡んだ売買は小康状態で、全体が買い戻しと買い直しによる上昇といえます。基本的に先週で底打ちした可能性が高く、目先は13000~13500円の中で先物の動きが注目され、13500円を終値で上回ると、まずは14000円の戻りを試すことになります。

 先週は、12500~13000円のボトムゾーンを想定し、1週間で10銘柄という多くの買い推奨銘柄を出しました。中長期的には、日本経済のファンダメンタルズは変化していませんので、いずれ高値を更新してくると思われますが、目先は下げ過ぎですので、リバウンド狙いとなります。その1つの目標が14000円となりますので、利益確定を考えてもいいところです。ここを突破すると、次は14500円、15000円となります。

大人気の出島昇のブログ
http://ameblo.jp/zubakabu80

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 先週の想定通り、底打ちの可能性高く、まずは14000円を目指す動きへ